心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Yngwie Malmsteen / TRILOGY』

YngwieMalmsteen_Trilogy.jpg イングウェイ・マルムスティーンというロック・ギタリストが80年代半ばに発表したサードアルバムです。いわゆるヘヴィーメタル、「世界最速のギター」なんていうのが売り文句でした。学校でもこの快速ギターソロが大流行!子どもの頃にタイガーマスクのローリング・ソバットが流行った時ぐらいの大流行だったんじゃないかなあ(^^)。今では信じられないかもしれませんが、洋楽といえばメタルという時代だったんです。クラスでもメタルマニアが5~6人いたし、メタル聴いてない奴はロック好きとは言えない、ぐらいの雰囲気でした(^^;)。で、僕もやっぱりこの超高速の速弾きロック・ギターにぶっ飛びました!!

 久しぶりに聴いてみたら…こんなにポップスだったっけ?って思うぐらいにポップでした(^^;)。曲が歌謡形式ばっかりだからそう感じちゃうのかも。でも、曲の形式は歌謡形式でも、当時としては斬新な点がふたつあった気がします。ひとつは、ギターがめっちゃ速い事(^^)。いや~言葉にするとチープですが、実際聴くと、おっさんになってから聴いても爽快です(^^)。そしてもうひとつは、ちょっと古風な旋法を使う時があって、ここはちょっと面白かったです。こうなったのは、北欧出身だからじゃなくって、クラシック・ギターをやっててそうなったんでしょうね(^^)。80年代中ごろのロックやポップスって、本当に画一化されちゃって、本当に長調と短調しか知らないんじゃないかという曲や演奏ばかりで、マジで想像力が貧困でした。さらに、費用対効果まで考え始めちゃったのか、作曲やアレンジどころか演奏も聞くに堪えないやっつけ仕事みたいなレコードで溢れてましたから、結果的にたるんだロック産業シーンに一石を投じた1枚にもなってたんじゃないかと。

 えらく単純な歌謡形式ばかりなので、クラシックやジャズを聴く人が聴いたら「ガキっぽいな」と思っちゃうかも(^^;)。でも、メタル自体が若者向けの音楽ですし、若い人が音楽体験のはやい段階でこういう音楽を体験したら、「おお~すげえ」ってきっとなるはず。少なくとも、中学生の時の僕は、本気でぶっ飛びました(^^)。80年代ロックシーンにさんぜんと輝く名盤のひとつだと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

07 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS