FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Dave Tarras / Yiddish American Klezmer Music 1925-1956』

Dave Tarras Yiddish American Klezmer Music 1925-1956 ユダヤ人がたくさん住んでるのって、ユダヤ人国家イスラエルは当たり前ですが、イスラエルよりニューヨークの方が多いらしいですね。キリスト教は金儲けに目がくらんだ人を疎むので、アメリカの金融業にたずさわるのがユダヤ人ばかりになって、それでアメリカの経済の要所を押えた人がユダヤ人だらけになった、なんて話を聞いた事があります。その話が本当か嘘かは知りませんが、それぐらいニューヨークにユダヤ人が多いのは確かみたい。そんなわけで、これはアメリカに渡ったユダヤ音楽クレズマーの初期の録音のひとつです。主役はクラリネット奏者のデイブ・タラス。ユダヤのベニー・グッドマンと呼ばれた人です。

 編成はブラスセクションにヴァイオリンやコントラバスという弦楽器、ピアノ、みたいな感じのコンボ。そして…おお~エキゾチックだ!1曲目なんて、テーマの主旋律がいきなりハーモニック・マイナー・パーフェクト5thビロウ、2曲目に至っては短3度と増4度が共存するって、もうこれは僕が知ってる西洋音楽には存在しない音楽です。でもそれがアラビアの芸術音楽っぽく感じるかというと、もっとくだけたエンターテイメントな感じで、これはジプシー音楽の影響があるんじゃないかと思ってしまいます。これがアメリカで生まれたとは思えない…デイヴ・タラスさんはウクライナ生まれでした、納得。

 ユダヤの音楽と言っても、これは完全にエンターテイメント音楽。そういえば、アメリカで食い詰めたユダヤ人がハリウッド映画産業を作りあげたと言いますし、ユダヤ音楽がエンターテイメントであってもぜんぜん不思議じゃないんですね。クレズマーに限らず、シャンソンを聴いてもタンゴを聴いても、アメリカの産業音楽が跳梁跋扈するようになる以前の大衆音楽の方が、西洋音楽はレベルが高かったと思ってしまう今日この頃です(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS