FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『テレマン:協奏曲集 ベルリン・バロック・ゾリステン』

Telemann_Concertos_BerlinBaroqueSolisten.jpg テレマンの音楽、室内楽曲につづいては管弦楽曲です!でもバロックなので、管弦楽曲といっても編成が小さくて、ジャズで言うスモールコンボぐらいな感じ。このCDは、あまり演奏される事のなかったテレマンの楽曲を取り上げた協奏曲集でした。

 演奏や録音が素晴らしい事もあるのか、それともルネサンス音楽やバロックは作曲法がメカニカルなところがあるから質を維持しやすいのか、とてもこれが「テレマンの知られざる協奏曲」とは思えない高いクオリティの曲ぞろいでした。でもそういうこともあるか、だって4000曲も書いている作曲家だから、あまり演奏されない曲の中にだっていい曲があっても不思議じゃないですよね。僕の経験だと、有名曲よりも知られてない曲の方がぜんぜんいいなんて事はざらにあるし。まあでも通奏低音の音楽はジャズに似ていて、演奏者でかなり変わっちゃうので、これはベルリン・バロック・ゾリステンの演奏がすばらしいのかも

 そして、よく聴くと相当に高度な事をやらされている演奏や作曲に感じるんですが、全体としては飄々とした音楽に感じる雰囲気が良かったです。まずフォルテにならないし、テンポもデュナーミクもあくまで激しい変化をしないというのもあるんでしょうが、もっと根本的なところに理由があるのかも。僕は今の時代の音楽が持っている個人主義&主知主義的&叙情的な音楽に慣れすぎているのか、バロックを聴くとどこかで人間的でない…というか、なんともいえない突き放したところがある音楽に感じるんですが、でも構造だけがあるかというとそんな事もなくて、色々な曲想によって心に感じるものがあるんですよね。また、楽器奏者同士のアンサンブルさせるための気持ちの交流みたいなものがバロックってものすごく大事というか、ロックやジャズのように周りを聴かずに演奏してもなんとなく成立してしまう音楽と違って、本当に呼吸を合わせる必要のある音楽と感じます。この相容れないものの同居している感じが独特の響きを生み出しているというか…要するに、よかったっす(^^)。

 いまドイツ・バロックの有名人を挙げるなら、まずあがるのがバッハとヘンデル、次点でテレマンぐらいじゃないかと思いますが、当時はテレマンのほうがバッハより全然有名な売れっ子。なぜそうなのか、このCDを聴いてなんとなく分かった気がします。深く聴けばすごくよく出来てるけど、さらっと聴いてもそれはそれで難解さがなくて気持ちが良かったです。大衆性があるんですね、きっと。バッハやテレマンに入れ込んだら何千曲も聴く羽目にあってしまうので、僕は室内楽、管弦楽、宗教音楽をざっと聴いてそれ以上深入りしないようにしましたが、深入りしても外れでは決してない作曲家だと思います。もし人生が200年あるなら、もっと深入りしたい作曲家でした。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS