FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『アルバニアの音楽 Folk Music of Albania』

Folk Music of Albania バルカン半島はアドリア海の西海岸線沿い、セルビアの南、ギリシャの北、マケドニアの西にある国アルバニアの音楽です。レーベルはTopic、このレーベルは民族音楽のCDを集めているとたびたび出くわすんですが、解説も詳しいし情熱もすごくて、素晴らしいレーベルだと僕は思っています。
 このCDはアルバニア各地で収録した音楽が収録されていて、その数なんと11か所!ライナーに収録地の地図が載っていましたが、まさにアルバニア全土で録音していました。

 アルバニアは、国土の真ん中に流れるシュカンビン川という大河によって南北に分断されていて、大雑把な分け方をするなら、北と南で音楽がかなり違う感じ。歌で言うと、北はホモフォニーで鋭く、南はポリフォニーで優しげ(または神秘的)な感じ。この差は、北の山岳地帯はオスマントルコ支配の時代にも第2次大戦のドイツやイタリアのが占領に来た時代にもパルチザンとして戦ったことから、英雄叙事詩的なものが多いのではないか、という事でした。なるほど~。

 近くにあるギリシャの音楽もそうですが、アルバニアの音楽も実に多様でした。
Albani_berato.jpg まずは北アルバニアから。思いっきりトルコのサズーのような音楽もあれば(M2, M8)、それに歌の入ったもの (M4, M8)、スラブ系民族的な無伴奏民謡(M3, M5)、牧童の笛(M6)、ユダヤのバカショートのようなもの(M7)、ダブルリード楽器ズマーレによるヨーデルのような歌いまわしのインプロヴィゼーション(M9)。もう、これだけでもその多様性が分かろうってもんです。しかもそれぞれが独特な雰囲気を持っていて面白いんですよ!
 続いて南アルバニア。バグパイプとダールという打楽器(ダラブッカのような音と奏法でした)により中近東風の雰囲気の曲調のダンス音楽(M10, 18)、北の羊飼いの笛とは一味違ったポリフォニーの牧童の笛(M12)、2~4声ポリフォニーで祈りのような雰囲気のある無伴奏合唱(M11, 15)、その独唱のようなもの(M13)、ポリフォニーだけれど祈りではなさそうな雰囲気のもの(M17)、インド古典芸術音楽かイランのダストガー音楽のような撥弦楽器アンサンブル(M14)、ユダヤのクレズマーギリシャのクラリネット・バンドのような音楽(M16, 19)などなど。南の方がちょっと洗練された文化を持ってるのかと思いましたが、それでも西ヨーロッパにまったく浸食されていない音楽で、スラヴなトルコなどなど、色々な文化を感じました。

 バラエティに富んでいて、CDを聴いているだけでヨーロッパやアルバニアの歴史がブワッっと目の前に広がっていく感覚でした。ベースには牧羊文化があって、そこに正教会の文化が重なる地域があって、そしてオスマントルコに占領され、ナチに侵攻され…みたいにして、こういう重層的な音楽文化が出来上がったんじゃないかと。そしてこのCD、録音をしたA.L.ロイドさんによる18ページにも及ぶ解説の見事な事と言ったら…いやあ、この録音を試みたディレクターの熱意がすごい、金儲けややっつけ仕事的な考えでは、こんな丁寧な仕事は無理。音楽も良ければ西ヨーロッパのクラシックや商業音楽に屈しなかった所も見事、そして解説が読んでいるだけで楽しくなってしまう見事さと、これは民俗音楽好きなら絶対に買いの1枚でしょう!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS