FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『エンデル・エ・ブレグティト ENDERR E BREGDETIT-O / アルバニア~ラパルダのポリフォニー ALBANIE Polyphonies de Lapardha』

Albania Lapardha no Polyphony CD『Folk Music of Albania』『Marcel Cellier presents Mysterious Albania』の2枚を聴いて、あっという間にアルバニアの音楽に魅了されてしまった僕でしたが、いざアルバニアのCDを探してみるとこれがけっこう難しかったです。アルバニアは第2次世界大戦後から90年代初めまで鎖国に近い状態だったそうで、それで音楽が外に聴こえて来なかったのかも知れません。これは2009年にARIONというレーベルからリリースされた1枚で、アルバニアのエンデル・エ・ブレグティトという男性5人のコーラスグループの歌を収録していました。このグループ、ユネスコの無形文化遺産に指定されているんだそうです。

 これはヤバい、すごすぎる…。無伴奏の男声ポリフォニーで、セルビアやブルガリアなんかで見られる民族ダンスを踊り出しそうなカラフルな民族衣装を着ているもんで、楽し気な舞踊音楽を歌うのかと思ったらぜんぜん違いました。まるでユダヤ教の詠唱や、東アジアの密教系の祈りの音楽をポリフォニー化したかのような神秘的な音楽でした。グレゴリオ聖歌ぐらい古い音楽がポリフォニー化しているかのようで、でもルネサンス音楽みたいなプロ作曲家の手を経ないで宗教家たちが自分でポリフォニー化したかのよう。いやあ、これは凄すぎる。。
 音楽は、曲にもよるけど、詩歌つきのポリフォニーが2~3声で、コーラス化したドローンが2~3声が基本。冒頭に短いメロディ上の老勝負があるほかは、1~2小節で出来たパターンがAとBの2種類ほどあって、AAABぐらいで小楽節を作り、あとはこれを繰り返す、みたいな。だからチベット仏教のマントラのような雰囲気もあるんだな…。旋法/和声的には5音音階が基本ですが、これが多彩。恐ろしく神秘的なもんで、これはいったいどういう音階やハーモニーなのかと調べてみたら、なんとマイナーペンタだけだったりして、それでこんなすごいのが作れてしまうのかと驚いたり。もちろんそれだけではなく、1・長2・長3・完全5・長6という長調系の47抜き5音音階などなど、実際は多彩でした。

 いくら東寄りと言えこれがヨーロッパの音楽とはとても思えず。むしろウクライナやロシアの音楽の方が西洋に感じるほどで、道の世界の異教徒の音楽のようでした。ユダヤ音楽キリスト教の修道士か正教系の祈りの無伴奏合唱のほか、古いギリシャ音楽東アジアの遊牧民の音楽なんかも混じっていて、そこに独自の発展が加わって類例のない音楽になったんじゃないかと思ってしまいました。アルバニアの音楽、僕は3枚のCDでしか聴いたことがありませんが、いずれれも超絶の音楽。これもぜひ聴いてみて欲しい音楽でした。すげえ。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS