FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Dave Edmunds / Tracks on Wax 4』

Dave Edmunds_Tracks on Wax 4  デイブ・エドモンズもパブ・ロック系のロックンローラーで、ちょっとだけロカビリーが入っている…って、ダックス・デラックスもデイブ・エドモンズも、30年ほど前に友人の家でお酒飲みながら聴かせて貰っただけなもんで、僕のいう事はあんまり信用しないでください(^^;)。しかも友人のレクチャーを受けながらだったので、多分に友人の見解が色濃く入ってるかも。

 ドクター・フィールグッドはライブハウスで叩きあげてきたガッツを感じたんですが、このアルバムはスタジオで制作で、演奏がまだ板についていない印象でした。オリジナルのロックンロールって、プレスリーにしてもエディ・コクランにしてもリトル・リチャードにしても、狂喜乱舞というか、はじけ方がすごいじゃないですか。そういうオリジナルなロックンロールの熱気に比べるとちょっと弱いかな…。

 もし僕が当時のイギリスに住んでるティーンエイジャーだったら盛り上がったのかも知れませんが、日本に住んでると、どうしても一歩引いて客観的に音楽を鑑賞してしまうもんで、そうやって聴くとパブロックはちょっと弱い音楽と感じちゃいました。同時代のイギリス音楽なら、やっぱりディープ・パープルキング・クリムゾンあたりと比較しちゃうわけで、音だけを比較しちゃうと到底かなわないんですよね。な~んてわけで、僕のパブ・ロック体験は、青春時代のある夜、友人の家で、酒飲みながら何枚も聴かせて貰った思い出の中にある音楽なのでした。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS