FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Lee Konitz meets Jimmy Giuffre』

Lee Konitz meets Jimmy Giuffre クラリネット奏者ジミー・ジュフリーの音楽に狂って、レコード屋で彼のアルバムを見つけるたびに片っ端から買っていた頃があります。そうやって手に入れた盤のひとつがこれ、トリスターノ派の伝説のアルト・サックス奏者リー・コニッツとジュフリーの共演アルバム、1959年録音です。ビル・エヴァンスが参加していたのも聴きたい衝動を抑えきれなくなった理由のひとつでした。メンバーは、Lee Konitz (a.sax), Jimmy Giuffre (b.sax, arr), Hal McKusick (a.sax), Ted Brown (t.sax), Warne Marsh (t.sax), Bill Evans (p), Buddy Clark (b), Ronnie Free (dr)。

 内容は、リー・コニッツとジミー・ジュフリーの木管楽器対決ではなく、ジミー・ジュフリーの木管アレンジのうえでリー・コニッツが見事なアドリブを決めるという内容のものが多かったです。
 このレコードでのジュフリーの木管アレンジはポリフォニーではなく、アドリブ楽器が旋律、木管アンサンブルが和声というホモフォニーの色が強かったです。これは分かりやすいエンターテイメント系ジャズを狙ったのかな?ジミー・ジュフリーってものすごく高度で芸術性の高いものも作るけど、分かりやすい古き良きジャズみたいなものもやる時もあるんですよね。これは後者でした。

 僕はアート性の強い内容の強い事をやる時のジミー・ジュフリーに期待していたもんだから、ジャズ・エンターテイメント色の強い本作はちょっとだけ残念。思いっきり近代クラシックの素養もある二人が揃ったレコードだったので、ジャズとクラシックの硬派なところをくっつけた音楽に挑んでみて欲しかったな…。でも、これはこれでホッコリした古き良きジャズで気持ち良かったです。リー・コニッツのアドリブはあいかわらず職人技でしたし(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS