FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > 本(音楽)   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

書籍『音楽家のためのアレクサンダー・テクニーク入門』 ペドロ・デ・アルカンタラ

Ongakuka no tameno Alexander Technique 楽器がなかなかうまくならない人必読、これは救いの1冊になるかも?!あの有名なアレクサンダー・テクニークを楽器演奏者むけに分かりやすく書いた本です。ただし、「わかりやすく」といったって400ページ超の本格的な本ですし、身体性を伴うものですので読解力や物を把握する能力がけっこう要求されると思いますが、難しい言葉は出てこないので、気合いがあれば読めます!

 F.M.アレクサンダーという舞台俳優が作ったアレクサンダー・テクニークは、演奏家にとっては、正しい運動の仕方に関する技術という所じゃないかと思います。僕はAテクニークの講師からレッスンを受けた事はないのですが、この本を読んだ僕の解釈としては、こんな感じのソマティクスじゃないかと思いました。

 まず、運動の基本は、運動以前の運動指令などを含む自己の使い方にあって、特にプライマリー・コントロールが重要。プライマリー・コントロールを中心として運動を起こすのがもっとも理想的な運動となるが、エンド・ゲイニング(結果を気にする事)によって体の使い方や運動にミスユースが起きる。これがいつまでたっても運動がうまくいかない原因。これを修正するには、ミーンズ・ウェアバイ(最良の方法を発見して用いる事)をしなければならないが、その為にはまずは誤って身についてしまった運動や体の使い方をインヒビション(抑制)しなければならない。その上で、まずはプライマリー・コントロールの仕方を身につけ、次に個々の運動の正しい方法へのアプローチをしていく。これは僕の要約なので、誤解している所があるかも知れませんので、興味を持った方がいたら、ご自身でこの本を読んでみてくださいね(^^)。

 ところでプライマリー・コントロールとは何かというと、頭・首・肩あたりの中枢神経系が集まっているあたりによる姿勢や運動のコントロールすることだそうです。この本の説明では、運動には①中枢で重心の移動を起こす全体的な運動パターン(トータル・パターン)と、②その体勢を具体的な運動にする部分パターン(反射)の2つがあるんだそうです。というわけで、運動はトータル・パターンが先行しているもので、これをコントロールするのがプライマリー・コントロール…と僕は解釈しましたが、読解力に自信がないので、興味があったら直接読んでみてください(^^)。

 まあこんな感じで、第1部はAテクニークによる運動の基本原則の説明、第2部は抑制や呼吸や腕の使い方などのレッスン、第3部はAテクニークの演奏への応用、という形で書かれていました。

 でもこういうものって、ヨガなんかもそうですが、時として怪しいスピリチャル方面に行ってしまうというか、エセ科学的な方向に行ってしまいがちになるじゃないですか。証明するのが難しい所を扱うから、そうなるのかも知れません。この本、本当に素晴らしいと思ってるんですが、運動指令に関するところは経験主義というか推測に基づいてしまってるというか、けっこう危ういなと思いました。運動指令の解剖学的な裏付けは、僕が読んだ音楽系の本だと『音楽の原理』にかなり詳しい図解が出ていたので、そっちも併せて読んだ方がいいかも。

 アレクサンダー・テクニーク、僕が音大生だった頃には既に名を知られていました。僕は実際のレッスンに接した事はありませんでしたが、「あれはいい」なんて話をチラホラ耳にしてました。これは良書!楽器の練習を5年も10年もちゃんと続けているのに、上達が出来ない人には救いの一冊になるかもしれません。超オススメです!!



追記:勉強になった点の備忘録

 この本、本当に素晴らしかったです。でもアホな僕はすぐ忘れてしまうので、また演奏で迷った時のために、いいヒントになった所をメモしておこうかと。

■第1部:基本原則

(1章:セルフの使い方)
最良のポジションとは、最も容易に、最も速く変化させる事の出来るポジション
・(体のどこかを間違った使い方がしているから、部分的に間違った緊張が起きる。という意味で、)首の緊張は、恐らくどこかほかの場所で必要とされる緊張が足りないのを補っているだけだろう。
・問題は、何をされたかではなく、自分自身に何をしたか。誤用は、たいていエンド・ゲイニングという習慣が原因で起こる
・目標に到達するために、エンドゲイニングを抑制し、ミーンズウェアバイ(最良の方法を生み出して用いる)をする。

(2章:プライマリー・コントロール)
・なんらかの不具合は、プライマリー・コントロールの誤った使い方がもたらす副産物
・頭を正しい位置で保つ事ではない、いま望まれる最良のポジションにある事
まずは、首を縮めてしまうなどの誤った事をインヒビション(抑制)すること

(3章:感覚認識と概念形成)
固有受容感覚:自分の体の部分の位置を把握する感覚。これはよく間違っており、演奏家にとってはこれがいちばん重要。正しく認識する必要がある。

(4章:抑制)
・10回考えてから1度歌え

(5章:ディレクション)
・ディレクションとは、正しいことをするだけでなく、間違った事をやめる事
・“集中”という言葉の意味が変わってきている。かつては、周辺の要素を中心へ向かわせる事だったが、今は中心点以外の要素を切り離す意味で使われる事が多くなった。

(6章:行為)
理想通りに行動できない時はたいてい「躊躇」か「執着」が原因
・考え、抑制・方向性・行為は同時に起こっている (これは一考の余地があるかな?)
・筋肉の動きは、出来るだけ迅速に開始する

■第2部:アレクサンダー・テクニークのさまざまな取り組み 

(10章:腕と手)
全身が上手にコーディネートされた人は、腕は内側にねじられた状態にある(回内)。回内とは、手のひらが後ろ向きか下向きになる手と前腕の回旋の事。
・「内転」は身体の内側に向かっての動きで、「外転」は身体から離れる動き。
・回内の方が適切な方向性を保持しやすい。
・①両腕を使うよりも身体全体を使う事が優先、②コーディネートされた身体は回内させる傾向がある、③腕をうまく使う事とは、リラックスさせる事ではなく、必要な緊張を持たせる事
・演奏で腕を回内させられるようになると、手はベスト・ポジションを見つけられるようになる。

(11章:囁く「アー」)
脊椎に向かって上向きに意識を保つ。首は自由に、頭は前・上へ、背中は長く・広く
・これで微笑みながらあごを自在に動かして、無駄な力がなく自在に動けるようにする。(多分・プライマリー・コントロールのトレーニング)
弦楽器やピアノの場合、あごを締めつけた状態では肩や腕を自由にする事が出来ない。あごを自由にする事。

(12章:さまざまな取り組みの組み合わせ)
・複合的な動きでも、単純なものが集まった動作であれば出来る。

■第3部:アレクサンダー・テクニークを音楽演奏に応用する 

(15章:演奏のテクニックとは)
演奏の練習とは、脳と筋肉の間の結びつきを鍛えること
鍵盤や弦に触れる前に、音楽を鳴らす。(楽譜だけで演奏の指令をすべてリハーサルする)

(16章:日々の練習)
・問題とはすなわち答え
難しい箇所はリズムによって克服できる/良い使い方とは本質的にリズミックなもの
・自分の演奏を聴いて、すべての音を侮らず、厳しく評価しながら練習するなら、長くても3時間の練習で限界
・練習が終わったらリラックスしないといけない。何度も休息を取る。
・経験豊富なアスリートはウォーミングアップに時間をかける。
・例えば、音階やアルペッジョで、リズムに乗せて演奏する。
・覚えるプロセスを使って手順を習得する。手順を理解する前に練習に入ってはダメ。必要な動作を起こす指令を考え、手順を考え、それから動作する。
細かいことよりも、大きな構造に光を当てる

(17章:美的な判断)
・「これしかない」という偏見をなくし、様々なアプローチを考える

(18章:規範と逸脱)
困難は、仕事を分担させる事で克服する。つまり、問題をシンプルにする。
日々の練習は、パッセージを単純化する事。規範を研究する事。逸脱をインヒビションする事。
・演奏は、情熱をこめて、強く大きく、深く、正確に

(19章:継続の中の切れ間)
・上向き志向が出来るようになっても、演奏しながらそれが出来なければ意味がない。
・音を出さずに次の動きに備える

(20章:変数と定数)
・すべてが変化していたらカオス。すべてが定まっていたら生命がない。音楽も同じ。
・音楽作品は、どのような変数を選択し、どの程度までその要素に変化を与えるかによって決まる。
・変化が速すぎる場合は、変化の割合や頻度を調節する

(21章:トランポリン式の準備)
手が速く動く場合、手がどんな旅をするかよりも、最終目的地への感覚を養うと楽になる

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS