FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『シャルパンティエ:死者のためのミサ曲集 デヴォー指揮、ウエストヴラムス・ヴォカール・アンサンブル、ムジカ・ポリフォニカ』

Charpentier_Sisha notame noMesses_Devos 17世紀フランス・バロックの作曲家マルカントワーヌ・シャルパンティエの書いたミサ曲集です。シャルパンティエという名の作曲家は何人かいますが、僕はこのマルカントワーヌさんの音楽しか聴いた記憶がありません。そしてマルカントワーヌ・シャルパンティエさんはフランスとはいってもローマでカリッシミに音楽を学んだそうで、かなりイタリア音楽色が強いんだそうです。ルネサンス音楽やバロックって、作曲技法に「イタリアの〇度」みたいな名前がついちゃうぐらいに地域色がはっきりしてますが、古楽からバロックあたりはかじった程度にしか聴いてない僕にはその差がよく分からず(^^;)。だいたい、ルネサンスからバロック期の音楽って、僕は語れるほど聴いていないので、フランスの色ってぜんぜん分からないのです(^^;)。イタリアは装飾が見事、ドイツは地域で違うけど教会寄りになると重厚、フランスは…優美というか、貴族色がちょっと強い、ぐらい?
 そんなニワカな僕ですが、この演奏は聴いた瞬間に「ああ、これはいい…」としびれてしまいました。細かいことは抜きにして、音がとんでもなく美しいのです。いやあ、バロックの宗教曲ってすばらしい。。

 このCDはシャルパンティエが書いた3曲のミサ曲のうち2曲が入っていて、ひとつはオルガンを通奏低音に使った「四声と通奏低音のための死者のためのミサ曲」、もうひとつは「四声と器楽合奏のための死者のためのミサ曲」。どちらも素晴らしかったですが、まずはオルガン伴奏に男女混声合唱のミサ曲、これにしびれないわけがない!オルガンはけたたましく鳴るのではなく、合唱より小さいぐらい。コテコテの日本人な僕は、こういう控え目な方が琴線に触れるんですね、きっと(^^)。。
 そして本当にヤバかったのは「四声と器楽合奏のための使者のためのミサ曲」。なんてこった、この古楽器群の音色の美しさはなんだ?!さらに、カノン状に絡だりホモフォニーに展開したりする声部と楽器の音の混ざり方の美しさがヤバい。

 ルネサンス音楽後半、バロック、古典派という時代の西洋音楽って、古い音楽でも古い感じがしないです。各時代が違う様式を極めていて、すべてが完成形、みたいな。シャルパンティエさんなんて、バロックの中で決して有名な作曲家とは思わないんですが、これほどの完成度のレクイエムを書いちゃうんだから、党Jの作曲家のクオリティたるや恐るべし。これは素晴らしい音楽でした!
 
関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS