FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『シャルパンティエ:真夜中のミサ曲 ウィリアム・クリスティ指揮、レザール・フロリサン古楽オーケストラ&合唱団』

Charpentier_Mayonaka no Misa_Christie シャルパンティエの書いた3つのミサ曲のうちのひとつ「真夜中のミサ曲」が入ったCDです。他に、「主の御降誕のカンティクム H416」も収録されていました。ちなみに、「真夜中のミサ曲」はクリスマスの深夜に演奏されるもので、フランス・バロックのミサ曲で最も親しまれているものなんだそうです。へえ~、またひとつ勉強になった(^^)。。

 まず、1曲目に入っていた「主の御降誕のカンティクム」…いやあ、始まって1分で虜になってしまいました、なんだこの静謐で落ち着いた感じは!西洋の宗教曲のゾッとくるような美しさというのとちょっと違くて、美しいんだけどどこかあったかい、みたいな。この曲はキリスト生誕を唄ったオラトリオで、エヴァンゲリストみたいなレチタティーヴォの語り手がいて、その後で男女混声合唱が入って、室内楽伴奏つき、みたいな。歌なしの第3曲「Nuit」の弦の美しさがヤバい…いや、この曲だけでなくみんないい曲でした。室内楽がバロック時代らしくてリコーダーの音なんかも聴こえて、これがあったかいのかも。

 「真夜中のミサ曲」は、構造が面白かった!このCDだとトラックが15に分かれているんですが、ミサ曲の通常文が歌われるところと、世俗音楽のノエル(クリスマス・キャロル)が混ぜられてました。へえ、こんなミサ曲があるのか。。ところがこれが聖俗グッチャグチャに聴こえるかというと、ものすごく整って聴こえました。すごい…。世俗曲と言っても、合唱音楽ってすごく美しかったりしますもんね、いつかトラップ・ファミリーのクリスマス音楽集を聴いた事がありますが、それですら美しいと思ってしまいましたし。そして…いやあ、やっぱり美しい。。

 録音はかなりナチュラルで、響きはそこそこに抑えてあってあったかい感じ。合唱は柔らかくて調和優先という感じ、ヒリアードみたいに技巧的ではなかったです。エヴァンゲリスト(?)は文句なしにいい!いやあ、これは買ってよかった、「シャルパンティエの『真夜中のミサ曲』ぐらいはちゃんとCDのいい音で、訳を読みながらリッチに聴きたいなあ」なんて思って買ったんですが、これを聴かずに死ぬところだったよ。。これは推薦です!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS