FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『比屋定篤子 / 七色神話』

HiyajoAtsuko_NanairoSinwa.jpg 比屋定さん、1999年発表の6thシングルです。3曲入りで、これはブラジル&Jポップのハイブリッド路線に戻った感じでした。

 いや~ブラジルと日本の歌謡曲のミクスチャー、やっぱりいいなあ。もうほとんどボッサですが、日本語でオリジナル曲というだけでも、かなり日本に近づいて感じます。作詞が比屋定さん本人という事もあるのか、思ってもない事を歌っている感じがなくて、「あ、こういう事をこのぐらいの女性は考えてるんだな」みたいに思えるのがいいです。

 特に素晴らしかったのが、比屋定さんの出身地・沖縄の民謡「てぃんさぐぬ花」を、笹子重治さんのアコギ、それにチェロとパーカッションで演奏したもの。恐ろしく美しい音…僕は笹子さんのギターのファンなのですが、この美しさは尋常じゃないです。ただ、沖縄弁が日本語とは思えないほどでまったく理解できなかったんですが、それを見越してかCDには意訳がついてました(^^)。「てぃんさぐぬ花」というのは、鳳仙花の事だそうです。こうやって聴くと、沖縄の音楽とブラジルの音楽って共通項を感じます。そういえば、ザ・ブームの宮沢さん(でしたっけ?)も、ブラジル音楽に傾倒してましたよね。

 ポップスとはいえ、ピアノが島健さん、ギターが笹子重治さんに古川昌義さん、チェロ柏木広樹さんなどなど、日本のトップミュージシャンがズラリ。一流の、そして大人のJポップ…だと思うんですが、99年というと、MISIA さんや宇多田ヒカルさん。そのへんはまだしも、浜崎あゆみさんに華原朋美さんにGLAYにモーニング娘…Jポップはもう大人が聴く音楽ではなくなっていて、学生のカラオケボックスご用達ぐらいのマーケット。大人の鑑賞に堪えるだけのことをやっているのに、むしろそれが仇になるというダメなジャンルになっていました。僕だって笹子さんがギターを弾いてなかったら比屋定さんを聴いてなかっただろうというぐらいにJポップはまったく聴かなくなっていて、日本の流行歌の終焉は見えていたのかも。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS