FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Benjamin Duboc, Itar Oki / Nobusiko』

ItaruOki Benjamin Duboc_Nobusiko 2010年にフランスのImprovising Beings というレーベルからリリースされた、トランぺッター沖至さんとコントラバスのBenjamin Duboc(発音は「ドゥボ」で良いのかな?)のデュオです。このCD、ケースを開くと感じで「野武士考」って書いてるんですよ(^^)。なるほど、そういう意味か…。

 音楽は全般にわたって即興演奏でした。でもって、これはコンバスのベンジャミンさんが明らかにうまくて感激!ジャズだけやっていた人ではないな。。視野が広くて、アルコを弾かせれば特殊奏法もメロディも見事。現代曲もクラシックも通過してきたんだと思います。そしてピチカートを演奏すれば、ジャズ的なビートが素晴らしくて、付け焼刃じゃなくてフォービートを見事に掴まえてる感じ。僕はジャズのバンドに参加して生活させてもらった事があるんですが、最後までジャズのあのビート感が出せませんでした。何年やってもクラシックのレガート感が抜けなくて「なんちゃって」なんですよ、悲しかった。。あれだけはひたすらやって体に叩き込まないと出せないものだと思うんですよね。ポリリズムの強烈なアフリカのシンガーがどうやったってレガートを美しく歌えないとか、3拍子の音楽が多い韓国の伝統音楽の歌手が4ビートを歌えないとか、そういうのに似てるかも。
 楽器って、ある音楽ジャンルのスペシャリストになるほかに、スペシャリストではなくてその楽器自体を極めるというスタイルもあります。こうやらないと音楽をアウフヘーベンできないから、すごい人はいずれこの道を行くことになるわけですが、コントラバスの場合はたぶん、バッハとかのカノン、現代音楽の特殊奏法、ジャズをはじめとした西洋ポピュラー音楽での機能和声上でのアドリブ、タンゴなどコントラバスを使う主要な音楽のビートの練習…みたいに、コントラバスを一巡する事をやるんじゃないかと。バリー・ガイとか齋藤徹さんまでは届かないまでも、ベンジャミンさんもそういう人となんじゃないかと思いました。

 沖さんも、カッコよかったです。フラジオでもなんでも駆使して演奏するんですが、こういうのは即興じゃないとなかなかできない表現かも知れません。でも、自分から投げ込むシーンが少なくて、コンバスに反応する受けのシーンが多いかな?でももう、この時の沖さんって70歳近かっただろうから、ペットなんていう難しい楽器をこれだけ演奏できるというだけでもすごいのかも。

 このCDもインディーズレーベルの作品ですが、No Business Records の『Kami Fusen』と同じで、インディーズ特有のダメさを感じてしまいました。音が録りっぱなしで、楽器のおいしいところを録音できてないです。CDにする前にEQぐらいすればいいのに。残響もまったくな感じられなくて、リヴァーブをかけたくないという気持ちも分かるけど、せっかくいい演奏してるのに楽器が響きません。役にたたないこだわりなんて捨てて、少しで良いからリヴァーブぐらいかければいいのにと思ってしまうなあ。こういう無頓着さはジャケットにあらわれている通りです(^^;)。これ、いいエンジニアに任せたら、何倍もいい音楽に聴こえた気がします。
 かなり面白い即興演奏だったので、頭の中で音質を向上させて聴くか、実際に自分でEQやリヴァーブをかけて聴くと「おお!」ってなるんじゃないかと(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS