『岡林信康 / わたしを断罪せよ』

okabayasi_watasiwodanzai.jpg 私が社会人になったときに上司から聞いたのですが、60年と70年の安保闘争の時代、大学は抗議デモばかり、授業も休校ばかりでほとんど授業に出た記憶がないそうです。教室にバリケードを作り、学生たち皆で宿泊して抗議をするという事もあったそうで。
 私が子供のころ、安保闘争の頃の当時の大学生に対して抱いていたイメージは、もうひとつあります。男も髪を伸ばして、下駄を履いて、4畳半のアパートで彼女と同棲して、時には友達と麻雀をして…こんな感じです。まだ幼少の頃に抱いていた大学生ぐらいのお兄さんに関するこうしたイメージを表現しているものが、日本のフォーク・ミュージックでした。フォーク・ミュージックの一部は、生活に密着したものであり、自分の考えていることを何とか伝えようという行為としてあったようです。レコード産業の中に入ったフォークとは違うフォークが、新宿の路上などで歌われていたそうです。

 岡林信康という人を初めて知ったのは、「友よ」という曲を通してでした。聞けば知らない人はいないだろうというほどに有名な曲だと思うのですが、その詞の内容が、先に書いたような当時の大学生に対するイメージそのままなのです。本当に、バリケードの中で生きながら、みんなこの曲を歌ってたんじゃないかとか、勝手に想像してしまいます。
 それで、調べてみると…岡林さんのお父さんは牧師さんだったそうで、それも世襲ではなく、自ら進んで牧師になり、田んぼの中に教会を作ったとか。さらに、岡林さん本人も、労働者のための歌を作ったり、農業に従事しながら人間の幸せなコミューンを作り上げようと畑を耕し続けたり…。

 人間は、習慣の動物だといいます。日々を生きていて、なぜ働くかとか、どう生きるかとか、そんなことはほとんど考えません。自分の行動を決定しているのは、実は自分の判断なんてほとんどなくて、習慣とか社会的慣習なんかがそれを決めている。でも、ひとたびそれに疑問を持てば、もう、自分で答えを見つけるしかありません。そして、答えに辿り着くことは、とても難しいんじゃないかと思います。しかし、それが本当に切実な問題であったら、そして出した答えが正しいと思えるのであったら…社会的な慣習に逆行する道であっても、実行するしかないんじゃないでしょうか。こういうときに、口だけではなく、実際に行動する人に、私は共感を覚えてしまいます。

 自分の今までの生活を捨てて、農業に従事したり、「本当はこれが正しいんじゃないか」というメッセージを、人の言葉の借り物ではなくて発したり、これをいうのは容易いですが、やる事が出来る人って、どれぐらいいるのでしょうか。岡林さんという人の音楽には、なにか悩みまくった挙句に辿り着いた言葉があふれているように思えます。



 
関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド