FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Quincy Jones / The Quintessence』

Quincy Jones_Quintessence 1961年発表、クインシー・ジョーンズ3枚目のアルバムです。レーベルはインパルス、編成はビッグバンド。このアルバム、僕はCDで持ってるんですが、ヤバいぐらいに音がいいです!!

 ファースト・インプレッションはすごくモダンで粋に感じるビッグバンド・ジャズ!ところがよく聴くとアレンジは意外と古典的。カウント・ベイシー的なトゥッティが多くて、ビッグバンドの幾つかのセクションが折り重なっていく波状攻撃がこの音楽の良さなんじゃないかと。「Straight, No Chaser」なんてその代表例で、いくつかに分けたセクションが競うようにドッカンバッカンと絡んでいくその決まり具合がめっちゃ気持ちいい!これって、セクションの息の合い方の見事さを「おお~すげえ!」って楽しむ音楽なんじゃないかと。

 僕がこのアルバムを良いと感じる原因って、実は録音じゃないかと。だって、サウンドがカッコイイと思ってるのに、よく聴くとブラスアレンジはそれほどじゃないんですよ。それなのに響きに悶絶するという事は、実は録音がいいんじゃないかと。極端に言うと、このレコード、ビッグバンドのアンサンブルの定位を分かりやすく分けていて、ある一群は完全左、ある一群は完全右、みたいにしてあるんですよね。音が良いうえに、アレンジが見えやすい録音なのです。もし自分がレコーディング・エンジニアなら、ビッグバンドジャズの録音はこうやりたいと思うほどです。でもこれって、かなりビッグバンドのアンサンブルが分かっている人じゃないと、こういうミックスは出来ないかも。見事でした!

 クインシー・ジョーンズの才能がいちばん発揮できるのは劇伴だと僕は思っていますが、ジャズ方面でのクインシー・ジョーンズの最高傑作をあげるとすれば、僕なら間違いなくこれを選びます。新しい事はやってないですが、手が混んでいて、シロウトくさいところなんてまるでないプロのスコアと思いました。クインシー・ジョーンズのレコードって、最初の『This is How I Feel About Jazz』にしても、ボッサ調だった『Big Band Bossa Nova』にしても、録音が良くないんですが、これはしびれるほどに音が良い!そう考えると、録音ってメッチャクチャ大事なんですね。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS