FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ブルース・ソウル   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Harold Melvin & The Blue Notes / I Miss You』

Harold Melvin_I Miss You ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツのデビューアルバム、1972年作品です。デビュー時点でティディ・ペンダーグラスはもうバンドに在籍してたんですね。

 フィリー・ソウルなので、黒人コーラス・グループのアルバムと言っても、ストリングスは入ってるし、甘いムードで最高。で、このストリングスのアレンジが、マーヴィン・ゲイの大傑作『What's Goin' On』並みの素晴らしさ。「Ebony Woman」や「Yesterday I Had the Blues」のストリングス・アレンジなんて、その独特の曲想と相まって、背筋ゾクゾクでした。あと、70年代のソウルは和声進行の工夫が素晴らしいです。本当に勉強になる。。

 そして、このファーストアルバムで病みつきになるのは、リフレインです。例えば、コーラスのリフレイン。同じフレーズを何度もずっと繰り返すパターンがけっこう出てくるんですが、和声は動いている所でコーラスでこれをやられると一種のペダルみたいな効果があって、ゾクゾクきました。大ヒット曲「If You Don't Know Me by Now」もそうでしたし、アルバム冒頭曲「I Miss You」なんて、ほとんど催眠術にかかっているような快感。コーラス以外で、楽曲自体でこれをやる事もあって、「Be for Real」なんて、4小節パターンを繰り返しながら少しずつ上がっていって、熱いヴォーカルが盛り上がってきて、そして錆にドカーンと突入するもんだから、もうしびれまくっちゃいました。

 このアルバム、チャート音楽的なフィリー・ソウルの顔が半分、でももう半分はニュー・ソウル的なアーティスト性も感じて、本当に素晴らしいです。嘘みたいな話ですが、あのアレンジやバンドがやっつけ仕事だったブラック・ミュージックが、オケもアレンジも歌も、最後の1曲をのぞいて全曲素晴らしいんです、このアルバム(最後の曲だけコーラスがなぜか音痴^^;)。日本の洋楽雑誌はロックにしてもポップスにしても白人音楽を紹介するものが多かったからブラック・ミュージックはあまり聴かない人も多いかもしれませんが、70年代のブラックは本当に素晴らしい、超おすすめです!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS