fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Sonny Rollins / On Impulse!』

Sonny Rollins On Impulse 1965年7月録音、ソニー・ロリンズのインパルス録音の第1弾です。メンバーはレイ・ブライアント(p)、ウォルター・ブッカー(b)、ミッキー・ロッカー(dr) 。僕は、「おお、ロリンズがインパルスからレコードを出してるのか?!これはただのハードバップには収まらない意欲作かも知れないぞ」と思って買ったのでした。当時の僕は音大生、練習の時間を削ってこうやってレコードばかり聴いていたもんで、成績がヤバかったんですね(^^;)。。

 このレコードでのロリンズは不思議でした。まず、サックスの音が良くないです。ピッチは悪いし、音は篭もって抜けずにボワンボワンしてます。そしてなにより、アルバムA面のアドリブが「ロリンズ、どうした?」って感じなのでした。
 たとえば、1曲目の「グリーン・ドルフィン・ストリート」でのロリンズのアドリブ。「ブオー」って鳴らしてばかり、良し悪し以前にろくに演奏してないのです。もしかして、フリーをしたくてインパルスに入ったとか?でも、他のメンバーは普通にジャズを演奏していて、ぜんぜん噛み合わない…。2曲目「Everything happens to me」も、1曲目ほどではないにせよそういう所があって、ワントーンで「ブオ~」って吹いてるだけのところあり。ところで、僕はこのレコードを日本盤LPで持ってるんですが、解説を書いてるのは佐藤秀樹さんという人。1曲目の評が「男性的で逞しいソロラインは彼の好調さを遺憾なく発揮している」…絶対聴いてないな、こいつ(^^;)。。これだからレコード会社から金貰ってレビューを書くタイプの太鼓持ち評論家は信用できません。。
 B面は50年代のロリンズっぽい演奏に戻ってましたが、でもやっぱりキレが足りない感じ。正直いって、バックのミッキー・ロッカーやウォルター・ブッカーに煽られてアップアップしているようにすら聴こえてしまいました(^^;)。

 どういう事情があったんでしょうね、コードプログレッションに合わせてパラパラやるだけのアドリブから脱しようと模索していたのかも。だって、65年といったら、コルトレーンが『至上の愛』を、そしてマイルスが『プラグド・ニッケル』を発表した年ですもんね。いまだにハードバップでアメリカン・ソングをアドリブで演奏しているだけではまずいと思ったのかも。そして皮肉な事に、ロリンズ以外は絶好調。このアルバム、さすがはインパルスだけあって、ロリンズだけに焦点を当てた編集はまったくしてなくて、カルテットとして全員の見せ場をノーカットで収録してるのですが、ブッカーさんのベースソロはいいし、レイ・ブライアントのピアノなんて、こんないいピアニストだったっけと思ったほど。単なるスランプじゃなくって、色々と思うところがあったのかも知れません。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS