FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『チェッカーズ / 30th アニバーサリーベスト ~7x30 Singles~』

Checkers_30th Anniversary best 80年代に一世を風靡したアイドル・バンドのチェッカーズのシングル曲を集めたCD、2枚組です。このブログに相応しくなさそうなバンドですが、妻がこのCDを聴いていたのを横で聴いてたら、最高に気持ちよかった!音楽そのものも良かったし、学生時代を思い出す所も良かったです(^^)。

 最初の感動は、ディスク1。「ギザギザハートの子守歌」「涙のリクエスト」「星屑のステージ」…松田聖子や近藤真彦と同じで、好んで聴いていた事なんて1度もないのに、知らない曲がほとんどない!いや~、昔の日本のチャートミュージックってチープだけど、引きかえにキャッチーで気持ちいい!!メロディと歌詞のシンクロ具合が最高です。リアルタイムで体験しているとグッと来る作用があるなあ。そういう説得力のある歌謡曲って、ある世代にとっては天地真理、ある世代にとっては沢田研二にショーケン、ある世代はキャンディーズ、ある世代にとっては西城秀樹にピンクレディ…みたいに、対象が世代ごとに違いそう。僕は80年代がリアルタイムだから中森明菜さんやチェッカーズでそれが起きるみたい…ですが、ジュリーやキャンディーズでもそれが起きるんですよね(^^;)。
 ロカビリーやフィフティーズっぽい曲が多かったのは、最初にヒットしたシングル「涙のリクエスト」に合わせてそうなったのかも。チェッカーズって作られたアイドルバンドではなく、九州でライブバンドとして這い上がってきたグループだったと思うんですが、初期のシングルは作家に楽曲を提供されてました。売り方がアイドルだったんですね。
 
 ふたつ目の感動は、ディスク2。こっちは売れなくなってからのシングル曲で、作詞も作曲もメンバーの誰かが書いてました。ところが音楽は売れなくなってからの方が完成度が高い!思い出補正なしで、普通に音楽として聴けるレベル、これは驚きました。継続は力なんだな。。ジャミロクワイみたいな曲まであるし、ドゥーワップ調のコーラスは見事だし、藤井フミヤさんの詞にも痺れるものがありました。

最初から来ないつもりなら言えばいいのに
教えてよ、どのぐらいこのまま待ってれば逢えるの

(Present For You)


 青くさいと言われればそうかもしれないけど、こういう切ない経験は誰もが経験してるだろうし、文学詩にこういう詩は似合わないので、こういう事を語るのって流行歌の役割だと思うのです。妻がキュンキュンしてる気持ちが分かる気がしました(^^)。

 売り方がアイドルだっただけで、アーティストっぽい売り方したら、レベッカバービーボーイズみたいな売り方も出来た人たちだったのかも…って、そういう人たちとアイドルでは売れ方がけた違いというのは、日本の戦後ポップスの歴史が証明しちゃってるので、もしそうしていたらこれほどのメジャーグループにはなっていなかったんでしょうね。いずれにしても、アイドルと馬鹿にしてはもったいないほどにいいバンドでした!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS