FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: PC・PCソフト・ゲーム etc. > ゲーム   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ヘッドオン』 アーケードゲーム

headon.gif これもスペースインベーダーと同じ時代に発表された古いアーケードゲームです。レーシングカーを動かして、敵の車をよけながらドットを拾い、すべてのドットを拾ったらステージクリア。こう書くと簡単そうですが、ムッチャ難しかった!1面すらクリアできず、ものの1分でゲームオーバーになっても不思議ではない難易度だったのです。

 このゲーム、自分の車と敵の車が逆走して画面を回っていて、相手はこちらにぶつかるように走ってきます。コースはレーンのある所と無い所に分かれていて、敵と同じレーンに入ってしまったら激突必至なのでアウト。だから、ブレーキを踏んでタイミングを計りながら、うまいこと敵と違うレーンを走らないといけません。これが見るとやるでは大違い、異常と言っていいほど難しい。難しいんですが、面白かったなあ(^^)。

 このゲーム、僕はすこぶるヘタクソで、1面か2面で即ゲームオーバー。そこをなんとか抜けても、敵が2台になる3面の突破は絶対に無理、パンクラスも真っ青というほどの瞬殺劇でした。というわけで、せっかくやっても1~2分しか持たないので、後にパンクロックバンドを組んだ友人のS君がやるのを見る専門。昔のゲーセンは向い合って座れたので、友達が遊ぶのを反対側から見る事が出来たんですよね。で、S君がべらぼうにうまい!S君がやると、敵の車が3台になっても見事に相手を躱し、かなり先まで行けてしまうのです。僕の記憶では、途中で敵の車がまた1台に戻っていたので、そこまで頑張れる腕になれば、かなり長く遊べるゲームだったのかも。実際、S君は相当長時間遊んでましたしね。

 S君はゲームの天才で、これ以外にもパイプをつなぐゲーム(名前が分からない…)も、西部劇のゲームも、やらせたらワンコインで長時間遊べてしまう腕前でした。ムーンクレスタも1万点を超えて3機増やしてたし、クレイジークライマーも4つのビルを登りきってたなあ。ああ、こんな事を書いてたら、いろんなゲームを思い出してきたぞ。レトロゲームって、たまにやりたくなるんですよね。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS