FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Montrose』

Montrose.jpg ヴァン・ヘイレンがらみでは、こんなバンドも聴いた事があります。のちにヴァン・ヘイレンに参加したヴォーカリストのサミー・ヘイガーが在籍したアメリカンロック・バンド、モントローズです。モントローズはこの1枚しか聴いた事がないんですが、タイトルから推測するにデビューアルバムなのかな?1973年発表です。

 73年のアメリカなら、FARMMC5、その他もろもろのヤバくて過激なアメリカン・ロックをやっていてもおかしくなかったと思うんですが、これはロックンロールを基調にした健全なハードロックでした。そういう意味では、KISS とか、あっち系に近いかな?それにしてもバンド全体が73年のアメリカン・バンドにしては相当うまいと感じました。リーダーでギタリストのロニー・モントローズだけじゃなくて、みんなうまかったです。なるほど、このへんのバンドがアメリカのメタルの前兆だったのかも。メタルを演奏するだけの技量を持ったプレイヤーが揃い始めていた時代だったのかも知れません。

 それにしてもサミー・ヘイガーのヴォーカルがメッチャいい!声がスパーンと通って、ミックスヴォイスをうまく使えていて、ロック的な熱い感じもあってすごく良かったです。これはデイヴ・リー・ロスの5倍はうまいな(*゚∀゚*)。

 ただ、若い頃の僕は、明るい方向に行ったときのアメリカン・ロックが好みではなかったんですよね。明るさと単純さが軟弱に聴こえてしまったのです (^^;)>。でも今思えば、こういう音楽って若いうちでないとなかなか楽しめないだろうから、自分の趣味は趣味として置いといて、これはこれでエンターテイメントとして楽しんでおけばよかった、な~んて思ったり。それにしてもうまかった、サミー・ヘイガーが後にブレイクするのも当然ですね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS