FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『オスマンの響き トルコの軍楽』

Osuman no Hibiki Toruko no Gungaku トルコの伝統音楽のうち、「メフテル Mehter」と呼ばれるトルコ軍楽に限定したCD…とも限らず、軍楽がほとんどですが、最後にケメンチェ(ヴァイオリンのルーツになった楽器)の独奏が4曲入っているCDでした。録音は1969年から77年までの4回にわたる現地録音、小柴はるみさんと小泉文夫さんの録音…という事は、ポータブルでの録音ですね、きっと。アマゾンで外人が「このCDのレコーディングエンジニアは分かってない」とかレビューしている人がいましたが、60~70年代の現地録音というものを分かってないな。スタジオ録音された商業録音だけがいい音だと思ってるやつはこれだからたまらんね(^^;)。。

 先に残念な点を書いておくと…トルコの軍楽をこのCDだけで聴くなら問題ないんですが、もし世界民族音楽大集成33巻の『トルコの音楽』を聴いている場合は、ふたつ残念な事がありました。ひとつは、解説が半分以上同じ事。民族音楽のレコードは、解説を読むのも楽しみのひとつになっている僕にとって、これはちょっと残念(^^;)。そして、9曲も音源がダブっていました。聴き比べるのが面倒なので聴き比べはしてませんが、たぶんM13~21はCD『トルコの音楽』収録曲と同じ音源ではないかと。だって、『トルコの音楽』をさっき聞いたばかりなのに、聞き覚えがある演奏ばかりで収録時間もほとんど同じなんですよ…。

Turkey_Mehtel band でも、音楽自体は満足でした!まず、トルコの軍楽で使う楽器はぜんぶで7つあるそうです。管楽器系は2つで、トランペット系のボルboru、オーボエ系のズルナzurna。打楽器系は、片面太鼓は大型のケスkos と小型のナッカーレnakkare、両面太鼓のダウルdavul。金物は大型シンバルがジルzil(もしかしてシンバルメーカーのジルジャンってここから名前を取ってるのかな?)、飾り棒に鈴をつけたチュウゲンcevgen。でもって、楽隊長はズルナ奏者が務め、楽隊のサイズは軍隊の大きさによって変わるんだそうです。
 そして、トルコの軍楽は17世紀には200人の隊員がいて、現在はイスタンブールの軍事博物館に楽隊が保存されていて、観光客相手や催事の時に演奏を続けているそうです。

 ケメンチェの独奏については、CD『トルコの音楽』で感想を書いたので割愛。軍楽の方はさすが!「おお~すげえ迫力!世界最強の軍隊という感じがビシビシ伝わってすげえ!こんな音を鳴らされながら近づいてこられたら、それだけで戦意喪失だわ」ってな感じで、大迫力でした!!

 『トルコの音楽』は18曲入りでしたが、そのうち半分がダブり音源というのはさすがにちょっと…こういうの良しとする企業態度って、リスナーの立場に立たずに自分たちが儲かればいいと思ってるみたいで、僕は嫌いです。キングって、民族音楽系のCDを、ジャケット変えたり、同じ地域のCDを2枚組にしたりと、同じものを手を変え品を変え何度も売りつけてこようとするのが嫌いです。
 音楽自体は良かったんですが、世界民族音楽大集成33巻『トルコの音楽』を持ってたら、こっちは未収録の軍楽9曲を聴きたいというのでもない限り、要らないかも。でも今は33巻単独での入手って難しいんですよね。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS