FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『ウシュクダラ トルコの吟遊詩人』

Ushukudara Toruko no GinyuuSijin トルコの民謡(器楽を含む)を収録したCDです。決して詳しいわけではありませんが、西方アジアの音楽を聴いていると、イラン、イラク、トルコあたりが3つの頂点に感じる…な~んて思っていたら、この3国は地理的に三角形を作ってるんですね(^^)。このCDはトルコの民謡と器楽を収録していました。1980年の日本録音。

 トルコの伝統的な歌曲は、テュルキ(turku)と呼ばれる民謡と、シャルク(Sarki)と呼ばれる芸術音楽系歌曲に分かれるんだそうです。もともとバイカル湖から西へ移動して現在のトルコにたどり着いたトルコ系民族は、移動の過程であの超絶的な完成度を誇るペルシャ音楽を吸収して大成させます。そういう過程もあって、トルコ人音楽家からすると、芸術音楽方面は本当のトルコの音楽ではないという感覚があるんだそうで。

 でもって、テュルキ方面の音楽を収録したこのCDですが、歌が入っていようがいまいが、楽器の演奏がメッチャクチャうまい!いやあ、やっぱり西アジアの音楽のレベルの高さは尋常ではないわ。。

Zurna.jpg 音楽は、イランのダストガーやイラク他のマカームとつながりがあるように聴こえましたが、あそこまで大きな構造様式はなくて、ダストガーやマカームの技術を使って俗楽化した印象でした。打楽器がメインのリズムを刻んでいるうえで、ズルナ(オーボエ属の楽器)がある音階を元にインプロヴィゼーションしているだけの曲もあるんですが、そういうシンプルなものですら少しだけリズム系を変化させたり抑揚をつけたりして、飽きることなくメッチャ刺激的な音楽になっていました。いやーカッコいいわ。。
 使われる楽器はサズ系の細い棹(大型のディワンDivan、中型のバーラマ Baglama、小型のジュラ Cula。ちなみにこのCDにディワンは未収録)、ひょうたんに棹をつけた擦弦楽器のカバック・ケマネ Kabak Kemane(これはケマンチェとは違う楽器)、アゼルバイジャンの民謡の伴奏によく使われるリュート属のタール、オーボエ属のズル、メイ。縦笛カヴァール。両面太鼓ダウル。

 個人的に燃えたのは撥弦楽器バーラマ(サズ)の演奏の凄さと、このCD全体に漂っている楽曲のエキゾチックさ。2曲目のバーラマの独奏(一人で演奏しているとは思えないレベル!)、16曲目のバーラマと歌によるアッチェルしていく踊りの音楽、このふたつはすごかった。。昔、日本の歌謡曲で西アジアなムードの曲がたまにありましたが、ああいう雰囲気の曲もあってそれも好きでしたが、やっぱり楽器の演奏が強烈な音楽が好きだなあ。マスター級のプレイヤーが俗楽を演奏してるかんじ、素晴らしい素晴らしい音楽と演奏でした。これは大推薦!!

関連記事
スポンサーサイト




Comments
私も持っています 
いつも楽しみにしております。本当はいろんな記事に書き込みたいところなのですが、あまりたくさんだと変なやつに思われても困るので、久しぶりのコメントです。
これは発売された頃に買いました。このマニアックなCDを聴いている人がいたことに驚きです。何回も繰り返し聴いたわけではありませんが、一曲目が強烈に印象に残っています。もう30年近くも経つのですけどね。ハハハ
ジャズ、ブルース、ロック、クラシック、ワールドと紹介されるCDで持っているものでかぶるのが、結構あって嬉しいです。私は他にも、アンビエント、テクノなんかも大好きでして。特定のジャンルで好きな人は身近にもいるのですが、これだけ広範囲で好きな音楽がかぶる人はいないもので。
Re: 私も持っています 
泉の湧き出る森を彷徨う吟遊詩人さま、お久しぶりです!お元気でしたでしょうか。

お、このCDをお聴きでしたか!お仲間ですね!これ、最高ですよね。
マニアックといっても、それは今の世界の消費構造の中でのマニアック。このCDに入っている音楽じたいは、音楽の中の王道中の王道、しかも聞かれるに値する音楽・演奏・録音だと思うので、本当はぜんぜんマニアックじゃない…と僕は持っています(^^)。

書き込み、どんどんお待ちしています!変な奴なんてまったく思いませんよ。それを言われると、読む人が多いわけでもないのに、ほぼ毎日ブログを書き続けている僕の方が変な人ですし(´∀`)。。

02 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS