心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『マーラー:交響曲第3番 シノーポリ指揮・フィルハーモニア管弦楽団』

Mahler_Symphonie3.jpg ロマン派音楽のピアノ協奏曲のハナシを書いていたら、協奏曲や交響曲の悦楽…みたいなハナシになってしまいました。という事は、僕はロマン派音楽のシンフォニーを、そういうものとして捉えているんでしょうね。で、その手の音楽の極限にあるものは…やっぱり、ワーグナーとかマーラーとかになるんじゃないかと。そしてマーラーの第3番は、演奏時間100分超となる大交響曲で、長大な交響曲の中でも特に演奏時間の長い曲です。普通の生活を営んでいたら、とても聴けるシロモノではありません(^^;)。

 交響曲といって僕が真っ先に思い浮かべるのは、ベートーヴェンとマーラーです。でも、ベートーヴェンは古典派に数えられ、マーラーはロマン派と呼ばれます。両者はそれほど劇的に違うものじゃないんですが、でもけっこう明確な差もあります。そのひとつをザックリいうと、様式がしっかりして構造に相当な配力があるのが古典派、様式がかなり自由で絵画的に情景の描き出しの度合いを増していったのがロマン派、みたいな区分けも出来るんじゃないかと。
 というわけで、ベートーヴェンとマーラーの差は、僕にとっては構造的に見事なのがベートーヴェン、楽章ごとのシーンの変化が見事なのがマーラーみたいな感じ。例えば、この曲の1楽章は「夏の始まり」と「牧羊神の目覚め」が構想されて、これを音で表現してしまう、音による風景画的なやり方をしてますが、これが音で風景を描けてしまうほど見事でした!
 そして、久々に聴いたこの3番、長いだけあってドラマ展開がものすごかったです。最初は短調で始まった曲が100分もの時をかけ、絵画的に見事に描かれた6つの楽章を渡り歩き、音楽が最後に辿り着くのは…天国のような、えらく清廉な世界。最後に奏でられるヴァイオリンのレガートの美しさと言ったらありません。いやあ、素晴らしいなあ。

 ただ…僕みたいな現代日本に住んでる労働者階級の人間にとっては、マーラーの3番を最初からゆったり聴く時間がないのです(T.T)。マーラーの3番をゆったり聴ける時間がある生活をしてみたいなあ。。


関連記事
スポンサーサイト

Comments

07 2018 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
2015年の年間ベストCDのトップに挙げた喜多直毅カルテットの新譜が出てました、気づかなかった。最近ラティーナを読んでなかったから、ラテン系の音楽の情報が途切れちゃってるんですよね。近所の本屋が潰れたのが大きいです。今はちょっと買えないけど、今年中には買いたいなあ。 intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS