FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『NOKKO / Colored』

NOKKO_Colored.jpg 筒美京平さんと言えば昭和歌謡ですが、平成に入ってからもたくさん曲を書いてました。筒美さんが平成になってから書いた曲で僕が真っ先に思い浮かべるのは、レベッカのヴォーカルだったNOKKOさんの歌った「人魚」。その「人魚」が入っているアルバムが1994年発表のこのアルバムです。このアルバム、平成発表だけど昭和っぽくも感じるのは、作家が井上大輔さんや筒美京平さんだからなのかも。やっぱり筒美さんは昭和歌謡の象徴なのかも。

 僕はレベッカが大好きでしたが、あれって演奏も曲も詞もみんなひっくるめて、全身全霊で自分たちを表現していたからだと思うのです。多少まずい所があっても、ぜんぶ自分たちが発したものだから、本人たちの肉声として受け取れた、みたいな。
 もしレベッカの曲や演奏が職業作家の作ったものだったらどう感じたでしょうか。例えば、ボブ・マーリーが「精神的従属から自らを解放しろ」と唄ったとして、その作詞が湯川れい子だったら?誰かのメッセージを我が事として伝えるのが「歌い手」で、自分のメッセージを自分で伝えるのが「アーティスト」だとしたら、僕はNOKKO さんには後者であって欲しかったんでしょうね。

 作曲、編曲、ヴォーカルなど、パーツだけを見れば、どれもよく出来た作品な気がします。でもこれをNOKKO という人の作品として聴こうとすると、どうしてもレベッカのような「本人の肉声」を求めてしまう僕が邪魔をして、「これは歌わされた歌だな」と思ってしまいました。もしこれを歌ったのが岩崎宏美や中森明菜だったら、僕は良いと思ったのかも。ファン心理って難しいですね。僕は筒美京平さんもNOKKO さんも好きなのに、両者が一緒にやる事には拒絶反応を示してしまうんですから…でもそれって至って正常な感覚な気がしてきたぞ。だって、歌で大事なのって、そういう部分ですよねえ(^^;)。。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS