FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Anita O'Day / Anita』

Anita ODay_Anita 邦題は「ジス・イズ・アニタ」、白人女性ジャズ・ヴォーカリストのアニタ・オデイがノーグランからヴァーブに移籍して発表した最初のアルバム、1956年発表です。移籍って言ったって、ノーグランもヴァーヴもノーマン・グランツがオーナーなんだし、ヴァーブを作ったらそっちから出すようになったというだけで、移籍でもないかも知れませんが(^^;)。名盤ガイドには間違いなく載ってる1枚です。

 ビッグバンド伴奏も、スモールコンボ伴奏も、ウィズ・ストリングスも入っているので、ひと粒で3度おいしいアルバム (^^)。ついでに、50年代後半のヴァーブ在籍時のアニタ・オデイのアルバムは、アニタ自身が絶好調という事もあってそのほとんどが傑作という素晴らしさ。この1枚も例外じゃないと思います。
 なにより、女性的な魅力がすごい。。色気があるのはもちろんですが、それだけだとポルノだって色っぽいですよね。それだけでなく、なんというか…可愛らしさもあるし知性もある、みたいな。50年代までのアメリカって、女優でも歌手でも、才色兼備の女性が評価されていたように感じるんですよね。オードリー・ヘプバーンもイングリッド・バーグマンもそうじゃないですか。マ〇ンナみたいな美人なら馬鹿でもエゴイストでもいいみたいなフィジカルオンリーな評価は…マ〇リン・モンローがいたか(^^;)。まあそれはともかく、そういう身も心も大人な女性が「女性」として魅力的とみなされていた風潮はあったと思うんです。そういう魅力が、ヴァーブ時代のアニタ・オデイからはあふれ出しています。しかも、歌が好調です。

 ただ、ヴァーブ移籍後の初期のアルバムの中では、いちばん面白くないかも。僕的には『Pick Yourself Up with Anita O'Day』や『Anita Sings The Most』の方が全然いいと感じました。歌が抑え気味で2~3枚目ほどの勢いがない事と、2枚目『The Lady is a Tramp』の「Rock’n Roll Blue」「Love for Sale」や、3枚目の「Sweet Georgia Brown」ほどの決定的な名曲や名演がないんですよね。悪くないアルバムだ思うんですけど4番バッターやエースストライカーがいなくて、もしこれだけ聴いていたら「ああ、こんなもんか」で終わっていたかも。それにしてもヴァーブ時代のアニタ・オデイの初期アルバムに外れなし、黄金時代を持ってるミュージシャンって素晴らしいなあ(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS