FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Anita O'Day / At Mister Kelly's』

Anita ODay_At Mister Kellys 待ってましたアニタ・オデイのライブ盤です!1958年録音、ピアノトリオをバックに歌っています。小さい編成でのアニタ・オデイのパフォーマンスって、スタジオ録音ではなかなかないもんで、そこも嬉しかったです。バンドのメンバーは、Joe Masters (p)、L.B. Wood (b)、John Poole (dr)。

 マジか、ライブでここまで歌がうまいのか…って、それは『真夏の夜のジャズ』で知ってたんですけどね(^^)。どの曲も素晴らしい歌唱ですが、「Tea for Two」のスキャットでのアドリブあたりは名人芸としか言いようがないです。58年録音のうえにライブ盤なので大きな編集はないと思うんですが、それでこれだけ歌えるって、やっぱり素晴らしいシンガーだったんだなあ。ただ、ヴァーブ時代の他のスタジオ録音盤に比べるとやさぐれて感じるのはなぜでしょうか…ハイが伸びきってないというか、ちょっとだけ声が暗いのかな?酒もドラッグもやる人だったらしいから、声の劣化は仕方ないのかも(^^;)。。

 バンドも素晴らしかった!このピアニストさん、僕は全然知らないんですが、すごく良くていてビックリ。ジャズ演奏のアドリブ演奏の見事さはもとより、タッチの美しさやグリッサンドの奇麗さからして相当な腕前。それはベースもドラムも同じです。売れなかったけどいい腕をしていたミュージシャンって、いっぱいいるんだろうなあ。

 僕が持っているのはステレオ版のCDなんですが、それはピアノが左、楽器が右寄りでした。でも音楽が分離しているとは感じず、むしろ立体感があってよかったです。マジで50年代中ごろから後半のアニタ・オデイのレコードには外れがないです、素晴らしい!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS