FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モーツァルト:《魔笛》 カラヤン指揮、ウィーンフィル』

Mozart_Mateki_Karajan_Viena.jpg 小学校の教科書にも載っていたモーツァルトの有名なオペラです!正確にいうとオペラとはちょっと違って「ジングシュピール」と呼ばれるものらしいです。ジングシュピールというのはドイツにあった音楽芝居の一種で、オペラに比べると大衆娯楽に近く、劇場つきの劇団ではなく旅の一座が演じる事が多かったみたい。音楽的な特徴を言うと、オペラだと地のセリフというのはなくて、台詞っぽいところもレチタティーヴォというセリフと歌の中間みたいな感じで歌いますが、ジングシュピールはこれが地のセリフなんですね。だからセリフが歌と音楽をつなぐ格好になります。ちなみにこのCDは「魔笛」全曲が入ってますが、台詞は全部カットされてます。僕が子どものころは、セリフはカットのオペラのレコードって多かったです。

 内容は、王子様が悪魔にさらわれた王女を救うという、えらく子どもっぽく単純なもの。なるほど、大衆娯楽です。そして…王女を救うまでにどんでん返しのドラマがあり、試練があり、これが分かっていてもけっこう面白い(^^)。「クラシックの偉人が残した傑作」なんて堅苦しいものではなく、音楽つきの楽しい冒険ファンタジーぐらいな感じだと思います。
 音楽部分に関しては、モーツァルトらしい明るく楽しげな曲が多く、深刻な雰囲気なものは少ないです。そんな中、第2幕Nr.17のアリア「ああ、私にも感じる、愛の幸せが」と、Nr.18の合唱「おおイシスとオシリスよ」が、ファンタジーな物語とは裏腹にものすごく高尚で美しくて、僕は好き。

 「魔笛」は、フリーメーソンの象徴が隠されてるとか色んなことが言われてますが、別にそんな大それたものじゃないんじゃないかなあ。フリーメーソンは暗殺教団か魔術を扱う秘密結社のように言われる事すらありますが、元は石屋の商業組合ですからね。こんなに明るく楽しい娯楽的なジングシュピールなのに、モーツァルトがその教義で使われた「3」をこの曲の中に入れたという程度で、小説家や研究科のみなさんは深読みし過ぎなんじゃないかと。かくいう私も、子どものころに嘘くさいオカルト本で魔笛とメーソンの関係の話を読んで、魔笛に興味を持ったんですけどね(゚∀゚*)エヘヘ。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS