FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『モーツァルト:歌劇《ドン・ジョヴァンニ》 カラヤン指揮、ベルリンフィル』

Mozart_DonJovanni_Karajan_BerlinPhil.jpg 自分でも意外だったんですが、僕がカラヤンが指揮した音楽でモーレツに感動したものって、ベートーヴェンやブラームスの交響曲じゃなくて、ブルッフのヴァイオリン協奏曲とか、意外と協奏曲率が高いのです。ついでに、このCDとかプッチーニの『蝶々夫人』みたいに、オペラがそれなりに多いのです。これって何なんだろうかと考えてみたんですが、要するにストーリーでもソリストでもいいので、何らかの主役を軸に沿って爆走するカラヤンが好きなのかも知れません。交響曲だと、もっとアンサンブルを楽しみたいのにガシガシと突貫されて「もっと聴衆に優しく、たっぷり聞かせてくれ~」って思っちゃうのかな…いや、分かりませんが。

 そんな具合で、このCDです。まずこのCD、音がメチャクチャ良いです!80年代にデジタル録音がバンバン進出したクラシックの録音で、いちばん恩恵にあずかったのって、オペラなんじゃないかと。マリア・カラス全盛期の録音なんて、声はいっぱい聴こえるけどオケは遠いしこもってるし、まともに音が聴こえないなんてざらでした。でもこのCD、声だけじゃなくてオケもバッチリ、それどころか現代オケの中に入ると弱音で埋まって聴こえない事も多いチェンバロすらきれいに聴こえます!オペラ音楽どうこうの前に、音の良さに「おお~」って思いました!

 そして、モーツァルトの「ドン・ジョバンニ」です。前作「フィガロの結婚」がプラハで大ヒット、これに気をよくしたモーツァルトが気分良く書き上げた作品だそうです。台本は前作に続いてロレンツォ・ダ・ポンテ、題材は有名なドン・ファンの物語です。ドン・ファンはスペインの伝説の人物で、女たらしの代名詞。1000人以上の女と寝た剣の腕が立つ貴族で、ある貴族の娘をたぶらかした上にその父親を切り殺したもんだから、その父親の幽霊に地獄にひきずりこまれた (^^;)。ざまあみろ、天罰じゃ。このオペラも、まったくこの通りの筋で進みます。
 意外だったのは、このオペラだと、ドン・ファン(役名はドン・ジョヴァンニ)は女性からそれなりに忌み嫌われている人物として描かれている事。勝手に夜這いに行って怖がられたりしてます。それじゃ女殺しじゃなくて単なる強姦魔だよ(^^;)。ドン・ファンって、もっとカサノヴァみたいに女の方からも愛されるモテ男なのかと思ってました。このへんは、脚本家の解釈なのか、西洋でのドン・ファンの認識ってそんな感じなのか、ちょっと僕には分かりません。

 このオペラ、娯楽性が強くて、途中で「フィガロの結婚」で有名なアリアが演奏されると、セリフで「これは有名な曲だ」と言ったりして(^^;)、けっこうふざけてます。最後は女たらしが地獄にひきずりこまれてめでたしめでたしですから、やっぱり娯楽作ですよね。
 音楽的には、なんといっても序曲が完成度高し。オペラでは序曲が音楽をいちばんたっぷり聴かせられる所なので、ここが名曲になるのはよくある事ですが、以降のコミカルな娯楽作の序曲とは思えないほどに厳かで見事です。
 あと、曲中で有名な曲と言えば、ドン・ジョヴァンニが見境なく村の小娘だろうが貴族だろうが年増だろうが手当たり次第に関係してきた女性遍歴を歌った歌とか(^^;)トンデモネエナコイツ、結婚式の花嫁をその場で口説く歌とか(花嫁もまんざらじゃなかったりする)、そんなのが多いです。高尚な舞台や音楽をこのオペラに期待しちゃダメだと思うんですが、ところがこのCDのサミュエル・レイミーというバリトンが、こういうとんでもない歌を恐ろしくうまく歌うんですよ。しかも音楽自体は普通に見事。このアンバランスが、僕にはただのコメディにしか思えなかったりして。

 モーツァルトは、こういう自分のオペラを「オペラ・ブッファ」なんて呼んで、今までの貴族向けのオペラとは違う大衆オペラと言っていますが、それぐらい気楽に楽しめる作品でした。そして、それを恐ろしく見事な演奏に録音、そしてサミュエル・レイミーキャサリーン・バトルという名歌手の見事な歌唱が聴けるという、なんともくそまじめな娯楽大作でした(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS