FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Joni Mitchell / Hejira』

Joni Mitchell Hejira ジョニ・ミッチェルが1976年に発表した8枚目のアルバムです。僕が聴いた事のあるこれ以前のジョニさんのアルバムとの違いは、小編成のアコースティックな編成ではなくなって、セッションミュージシャンを導入したセッションっぽい演奏になった所。ミュージシャンの中には、ジャコ・パストリアスヴィクター・フェルドマン、ラリー・カールトンなんていうジャズ系のミュージシャンの名前も。

 ヘッドアレンジのセッションの雑さが思いっきり前に出てしまった…。雰囲気はいいんですが、カウンターラインもバスラインもアドリブ頼りの雑なものになっちゃって、コードとメロディだけの馬鹿に単純なモノフォニーになっちゃった、みたいな。緻密に作る事に疲れたのか制作ペースが間に合わないのか、あれほど繊細にひとつひとつの音を選んで積み重ねてきた人なのに、メロコード譜だけ作ってあとはプレイヤーに丸投げ、良さが全部消えたように感じました。アドリブが悪いというつもりはないけど、作るべきところは作っておかないと、こういうムードだけの音楽になっちゃうんだなあ。雰囲気だって、機械的なリヴァーブやコーラスのエフェクターをいっぱいかけて作ってあって、そういうのって安易というか、音を実はわかってないというか、ガキくさいと思っちゃうんですよね。。

 というわけで、評価の高いアルバムではありますが、僕的には最悪。人任せのセッションにして手を抜いて、ジョニ・ミッチェルさんの音楽の繊細な美しさががなくなってしまったアルバムに聴こえてしまいました。マリーナ・ショウのアルバムでのデヴィッド・T・ウォーカーとか、マイケル・フランクスのアルバムでのジョー・サンプルぐらいに演奏やアレンジで貢献してるなら素晴らしいと思うんです。でもこのアルバムのアレンジやプレイは…「ジャコパスが」とか「カールトンが」なんて有り難がるほどのものでもないと思うなあ…。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS