FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Chet Baker Quartet‎ / Quartet: Russ Freeman, Chet Baker』

Chet Baker Quartet‎ _Quartet Russ Freeman Chet Baker 1956年録音、これもピアノのラス・フリーマンが参加したチェット・ベイカー・カルテットの演奏です。ジェリー・マリガン・カルテットを抜けた(というか、ジェリー・マリガンが麻薬でヘロヘロになってグループが空中分解した^^;)あとのチェット・ベイカーは、完全にラス・フリーマンとコンビで動いてます。トランペットを引き立たせるきれいなポンピングやカウンターを入れてくれるから、やりやすかったんだろうなあ。。

 僕がピアノでのジャズ演奏に苦労した経験があるからかも知れませんが、チェット・ベイカー以上にラス・フリーマンに耳が行ってしまいました。ピアノもそうですが、8曲中6曲をラス・フリーマンが作曲していますし、これは実際にはラス・フリーマンのアルバムじゃないかと。ラス・フリーマンのオリジナル曲「Summer Sketch」は、夏といっても避暑地でゆったりした自然を眺めているようで、本当にすばらしい…。

 でも、『The Trumpet Artistry of Chet Baker』あたりのアルバムに感じる「これはほとんど室内楽じゃないか?!」みたいな音楽的な新鮮さは感じることが出来ず、普通のジャズ・コンボの演奏という感じでした。こういう風にテーマ演奏してアドリブやってテーマに戻る感じだと、イーストコーストもウエストコーストもあんまり関係ないですね。非の打ちどころがないアルバムですが、面白みに欠けたかな?

関連記事
スポンサーサイト




Comments

01 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS