FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『J.S.バッハ:ヨハネ受難曲 リヒター指揮、ミュンヘン・バッハ管弦楽団&合唱団』

Bach_JoahaneJyunankyoku_Richter_Myunhen.jpg 今日は長く続いた仕事が終わって清らかな気分だぞ、バッハの宗教曲でも聴こうかな(*゚∀゚)。バッハの合唱宗教曲というといつもミサ曲ロ短調ばかり聴いてしまうので、今日はヨハネ受難曲にしよう!
 大バッハが書いた宗教的声楽曲で有名なものは、ヨハネ受難曲、マタイ受難曲、ミサ曲ロ短調の3つです。そのうちのヨハネ受難曲は、新約聖書のヨハネ福音書の一部を声楽化したものなので、ロ短調ミサに比べるとレチタティーヴォで語られる部分が多いです。そして長大、このCDだと全部で2時間12分ぐらい。「軽くBGMでも…」なんて気分で太刀打ちできるようなもんじゃありません。
 ヨハネ福音書といえば冒頭の「最初に言葉があった。言葉は神とともにあった」が有名ですが、この曲ではそこは使われず、使われるのは18~19章とかなり終盤。ユダが裏切ってキリストを待ち伏せ、最後にキリストが十字架にかけられてkillされるあたりです。キリスト教の影響が強大だった時代に、聖書に音楽をつけるんだから、大バッハぐらいの人じゃないととても引き受けられませんよねえ。まあそういう曲だしレチタティーヴォも多いので、聴いていると音楽よりストーリーを追ってしまいます。ドイツ語が分からない僕は、日本語訳を必死に追うばかりなんですけどね(^^;)。そして…いや~もうこのクラスの作品となると、一個人の作曲家の作品なんてもんじゃなくって、西洋の重要な文化遺産じゃないかという感じ。好きとか嫌いとか、そういう次元じゃないです。それでもあえて音楽を取りあげるなら、第1部の「否認」の3曲目レチタティーヴォ「この弟子は祭司の知人なれば」がメッチャいいです。これ、他でも聴いた事がある気がするんですが、バッハのほかの曲からの引用なのかな…。いずれにしても、素晴らしい曲だと思います。

 演奏です。バッハ演奏といえば真っ先に名のあがる指揮者/オルガン奏者のリヒターさんが棒で、演奏はミュンヘン・バッハ管弦楽団。これもリヒターさんが作った楽団。文句のつけようがない演奏です。そして、エルンスト・ヘフリガーというエヴァンゲリストのテノールがすごい!この歌唱は一聴の価値ありかも。そしてちょっと驚いたのが、合唱と楽器のバランスの良さ、録音の良さです。昔、ヨハネ受難曲の録音といえばこのCDで、町の小さなレコード店にもこれが置いてあるほどでしたが、録音が1964年と古めなんです。だから、「いい演奏なんだろうけど、音は良くないんだろうなあ」と思ってたんですが、めっちゃいい音で驚きました。日本語訳や解説の詳細さを含め、このCDにまったく不満がないので、僕にとってのヨハネ受難曲はこれなんですよね(^^)。

 実は僕、若いときにこのCDの良さが分からなかったんですが、それってキリスト教の知識がなさ過ぎたかだったのかも。というわけで、ヨハネ受難曲を楽しむための豆知識をちょっと書いておきますね。聖書というのは、ひとつの物語が最初から最後まで書いてあるわけじゃなくって、色んな本が集まって出来てます。キリスト教の聖書は新約聖書で、27巻。その冒頭4巻は、福音書というイエス・キリストの生涯を描いた物語で、ヨハネ福音書はその中の1冊です。福音書は4つ読むとひとつの物語になるわけじゃなくって、それぞれキリストの生涯を書いてるんですが、書き手の違いで4つに分かれてます。ヨハネ以外は、マタイ・マルコ・ルカの3冊で、この3つは内容が似ているので共観福音書なんて呼ばれてます。ちなみに聖書の最終巻は、オカルト映画でよく取りあげられるヨハネの黙示録です。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS