FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 民族音楽・ワールド   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『遊牧の詩 中央アジア・ウズベクの音楽』

Yuuboku no SI_ChuuouAsia Uzubeku no Ongaku カスピ海の西側のコーカサス山脈のあたりもゴチャゴチャして分かりにくいですが、カスピ海東側の中央アジアもなかなかゴチャゴチャで、地理に弱い僕は大混乱(^^;)。イラン~カスピ海を縦ラインと考えると、その東端に隣接した国が、南からパキスタン、アフガニスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、カザフスタンという順です。ウズベキスタンと中国の関係を見ると、間にキルギス(ウズベク北東)とタジキスタン(ウズベク南東)が挟まってる感じ。というわけで、四方をすべて別の国に囲まれたウズベクの音楽は、色んな音楽のチャンポンでした。

 ウズベキスタンは、ウズベク人が8割で、ほとんどがイスラム教徒、頭にターバンを巻いていて、顔つきは中国系ではなくトルコイランみたいな西アジア系。こうなると、カザフスタンやトルクメニスタンみたいな西アジアの色が強い音楽家と思いきや、最初に入っていた5曲は、なんと中国の雑技団みたい!中国と接してないのに、なんでキルギスを飛び越して中国なんだろう、解せぬ。遊牧民だから、モンゴルやカザフを爆走して、そういう音楽を持ち帰るのかなあ。。6曲目のタール伴奏の弾き語りになって、ようやくマカームみたいな西アジアの音楽が登場…かと思いきや、歌はやっぱり中国っぽかったです。7曲目のないの演奏になって、ようやく西アジアの音楽っぽくなってきました。あとは安定した西アジアのマカーム。しかも、カザフやキルギスみたいな東アジアの音楽とのフュージョンじゃなくて、本格的なマカームでした。メッチャうまいし。
Uzubekisutan_photo.jpeg 個人的には、10曲目のルバッブ(長棹の撥弦楽器)と11曲目のスルナイ(ダブルリード楽器)の独奏が好き。クレジットには独奏と書いてありしたが、どちらもタブラの伴奏がついてました。でも、どちらも本当はもっと長い演奏が普通なのに、短く演奏してるような気もしました。だって、こういう曲が2~3分で終わるとは思えないし(^^;)。

 ウズベクは基本的にアラビア文化圏の音楽、でも一部になぜか中国音楽が入り込んでるのかも、な~んて思いました。このCDは、中国影響の音楽をやる舞踊団の演奏、後半がウズベクにある色んな楽器を、タブラ伴奏でひと通り聴かせるみたいな内容だったので、これがそのままウズベクの音楽ではない気がします。でも、どの楽器もみんな演奏がうまい!やっぱり、アラビア系の文化なんですね、きっと。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS