FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: アート・本・映画 etc. > テレビ番組   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

TVドラマ『仮面ライダー』#4 最終回へ

KamenRider_4.jpg 仮面ライダーのレビューもいよいよ最終回!終盤は3部作とか4部作とか、回を跨いだ大作が多いです。見所は、ショッカー滅亡篇、にせライダー篇、そして最終回前後編です(^^)。

■第78話:恐怖ウニドグマ+ゆうれい怪人
■第79話:地獄大使!!恐怖の正体?
■第80話:ゲルショッカー出現!仮面ライダー最後の日!!
■第81話:仮面ライダーは二度死ぬ!!

 ショッカーが滅び、新たな悪の組織ゲルショッカーが登場する4部作です。東映制作の特撮ヒーローは、物語がマンネリに陥ると数話続きの話を挟んでドラマを動かしに行くときがあります。キカイダーのハカイダー回、V3のライダーマン回、そして仮面ライダーは、まずはこの敵組織の交代劇がそれです。ちなみに仮面ライダーはこの後にもう一山あります。
 強力な新組織の描写が良かったです。ショッカーの戦闘員が無残にも新組織に蹂躙され、仮面ライダーですら敵怪人どころか戦闘員と互角の勝負。これはやばいんじゃないの…というわけで、旧一号ライダーぶりに、ようやくドラマに緊張感が戻ってきました(^^)。

KamenRider_ShockerRider.jpg■第92話:兇悪!にせ仮面ライダー
■第93話:8人の仮面ライダー
■第94話:ゲルショッカー首領の正体!!

 人気の高いショッカーライダー篇です。100話近くある仮面ライダーもこのあたりから最終回に向かって話が展開。2人の仮面ライダー、アンチショッカー同盟、何体もの怪人、6人のにせ仮面ライダー、この4つ巴。
 この回の私的いちばんの見所は、飛んでいるヘリコプターにぶら下がるスタント!子供のころは、こういうのに熱狂して危険な仮面ライダーごっこに夢中になったんですよね。ベランダの手すりに自分でぶら下がったりしてね(^^)。
 話ですが、仮面ライダーとイナズマンの終盤は似ています。どちらも社会を変革しようとするアングラ組織が出てくるんです。これって、70年代安保闘争のセクトですよね、ぜったい。こうした組織に好意的な描写だったりするので、もしかすると、安保闘争に参加して大企業就職への道が絶たれた大学生たちが、脚本家になったり、映像業界に流れたりしたのかも。

KamenRider_ShockerShuryou.jpg■第97話:本郷猛変身不可能!!
■第98話:ゲルショッカー全滅!!首領の最後!!

 いよいよ仮面ライダーも最終回。この回の見所もスタントで、ロープウェイの天井に乗って移動。これがけっこうな高さで、下は湖!うおーこええ、キ〇タマがひゅんひゅんするぜ。子供のころ、こういうのに燃えたなあ。
 ドラマは、最終回にしてはあっさりしていたんですが、2段階で変化するショッカー首領のデザインがなかなか不気味で、子供のころはこれに「おお!」と盛り上がってました。ただ、ショッカーは滅んだものの、首領がどういう存在だったのかよく分からず残念。まあ、最終回といったって間髪いれずに次回作の仮面ライダーV3が始まったわけですし、ドラマをここで完全に終わらせる気はなかったんでしょう。

* * * * *
 実は僕、昭和の仮面ライダーシリーズは、最初の仮面ライダーからシリーズ第5作のストロンガーまで一話も見逃すことなく観ています。それぐらい好きだったわけですが、その上で言うと…「何度観ても感想はいつも同じ、昭和仮面ライダーを見るなら最初の仮面ライダーの1~7話だけでいい」ということです(^^)。それで足りない時はショッカーライダー篇とラスト2話、それでも足りない時はスタントが秀逸な回だけ見る、ぐらいの感じで充分じゃないかと。
 最初の7話は人生で何度見直したか分かりませんが、何度観てもいいです。特にバイクでの階段登りは、観るだけで幼少時に覚えたワクワクがフラッシュバックしてきます。仮面ライダーは幼少時の大きな思い出のひとつで、見ていると親や兄弟、そして子供のころに一緒に遊んだ友達の顔まで合わせて思い出す、タイムカプセルのような番組です。たぶん、面白くて見ているんじゃなくて、懐かしくて見るんでしょうね。実際に、昭和40年代の風景が記録されているわけですし。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
ショッカーって怖かった 
後楽園ゆうえんちでの、仮面ライダーショーで、ショッカーの戦闘員と怪人が客席の後ろから出てきた時は、それはもう怖くて怖くて(^^)
でも、ライダーが助けてくれました!
Re: ショッカーって怖かった 
ボネ太郎さん、書き込みありがとうございます!

仮面ライダーショー、ありましたね!後楽園ゆうえんちでは常設の舞台があったようですが、地方だとデパートの屋上とかにも来てましたよ。僕はジャッカー電撃隊のショーに行ってサインをもらいました。

僕にとってのショッカーの恐怖の代表格は、死神博士です。今の総理とちょっと似てる気が(^^;)。

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS