FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『プーランク:室内楽全集』

Poulenc_SitunaiOnagakuZenshuu.jpg プーランクの室内楽すべてを収録した2枚組CDを発見!こんなの見つけてしまったら買わないわけにいきません(^^)。そして聴いてみたところ…いや~素晴らしかった!のだめカンタービレで「やきトリオ」が演奏していた3重奏も入っていました。ミシェル・ポルタルも参加してました。ポルタルさんをはじめて聴いた時は「エリック・ドルフィーよりも凄いじゃないか!」と驚いたものですが、クラシックとのバイ・プレイヤーなんですよね、うまいわけです。。
 さて、収録されていた曲は以下のとおりでした。

・フルートとピアノのためのソナタ
・ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
・オーボエとピアノのためのソナタ
・ホルン、トランペットとトロンボーンのためのソナタ
・クラリネットとバスーンのためのソナタ
・管楽器とピアノのための六重奏曲
・チェロとピアノのためのソナタ
・クラリネットとピアノのためのソナタ
・2本のクラリネットのためのソナタ
・ホルンとピアノのためのエレジー
・ピアノ、オーボエとバスーンのための三重奏曲
・城への招待

 3管のソナタあたりは、相変わらずプーランクさんにからかわれてる気がしますが(^^;)、その他のフルートソナタ、クラとバスーンのためのソナタ、チェロソナタの2楽章、クラリネットソナタあたりは楽しげでもあり美しくもあり、時に前衛的で、なにより見事な筆致が本当に素晴らしくて、聴いていてため息が出てしまいました。技法も多彩で、しかも現代的。クラシックって、モーツァルトベートーヴェンを聴いて「音が古くさい」「長い」「イケてない」と敬遠してしまう人もいるかと思うんですが、プーランクの歌曲や室内楽はジャズを上回るほどの小粋なサウンド、和声進行も今のポピュラー音楽と同じぐらいに小節単位で移り、1曲1曲も短いので、クラシックを敬遠している人でも間違いなく楽しめる音楽だと思います。これを聴いちゃったらポップスやロックやジャズには戻れなくなるかも。。
 プーランクさんのフランス的な4度積み和音やパリジャン的な洒落たセンスって、歌曲や室内楽が一番合ってるんじゃないかなあ。大きい編成のものはイマイチに感じるものも多かったですが、これは歌曲に並んでメッチャクチャよかったです。買ってよかった、音楽の悦楽です(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS