FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『プーランク:《オルガン協奏曲》 《田園のコンセール》 マルティノン指揮、フランス国立放送管弦楽団』

Poulenc_OrganConcert_Martinon_FranceNationalOrch.jpg プーランクの協奏曲的な作品をまとめた1枚です。うち、「オルガン協奏曲」はプーランクの代表作のひとつなんて言われてますが、僕は今回初体験。楽しみです(^^)。

 
 「オルガン協奏曲」は、どこまで本気なのか分からない感じでした。プーランクは洒落ていてユーモアがありますが、時々それが悪ふざけに聴こえる時があるんですよね。冒頭、思いっきりバッハのトッカータみたいな始まり方をしたかと思いきや、直後にグチャッと音痴な和音(^^;)。その後に今度はえもいわれぬ美しい弦楽が始まり、モーツァルトになったかと思えば、後期ロマン派みたいになったり、そしてうしろでは神聖なるバッハ…そしてグチャッ(@゚▽゚@)。こんな感じなので、最後にバッハのトッカータとフーガニ短調みたいなメロディが出てきた時も、冗談にしか聴こえなくて笑ってしまいました。でも、切れ目なく演奏されるこの協奏曲の6楽章のオルガンと弦楽の追いかけっこのようなところはすごく好きです(^^)。

 「田園のコンセール」の正式名称は「クラヴサンとオーケストラのための田園のコンセール」。ほぼチェンバロ協奏曲みたいな感じです。こっちはオルガン協奏曲とはちがって、けっこう本気に聴こえます。チェンバロは最初から最後まで弾き倒しレベルで、超絶技巧練習曲のよう。…なるほど、消え去った楽器だったチェンバロを現代によみがえらせる為に、チェンバロを使った大編成曲を書いたんですね。だからチェンバロのいろんな側面が曲の中に入ってるのか。これはなかなか楽しい作品でした。

 う~ん、どこまで本気なんでしょうか。そうやって人をからかうのが好きな人だったんじゃないかなあ( ̄ー ̄)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS