FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『プーランク:歌曲集 デュポス(s)、カシュマイユ(br)、ロジェ(pf)』

Poulenc_Kakyokushuu_Roge.jpg 昔、ある貧乏な劇団の音楽を担当した事がありまして、これがギャラは安いわ人使いは荒いわで大変でした。でもいい事もありまして、「プーランクみたいな歌曲を作ってくれませんか?」と言われ、これで僕はプーランクの歌曲を知る事になったのです。そして買ったのがこのCDだったんですが…うわああああ美しい!!これぞサティやドビュッシーラヴェルの流れを汲んだ印象派歌曲、淡い水彩画のような美しい音楽だったのです。プーランクは歌曲でいちばん才能を発揮するんじゃないか…このCDを聴いた瞬間に、はじめてプーランクの本当の才能を知った気がしました。通俗的な小さな歌の中に、クラシックのエスプリを叩き込んでくる感じ。和声も進行も、今のどれもこれも似たものの大量生産とは大違い、とてもクリエイティブでした。

 このCDに入っているのはピアノ伴奏で1曲2~3分の小さな曲ばかりだし、アポリネールあたりの詩人が作った詩を歌化したものも多いもので、クラシックというよりシャンソンに近く感じました。たぶん、当時のキャバレーやシャンソンバーあたりで聴かせていたんじゃないかと思うんですが、庶民ですら文化レベルが今の「1に経済、自分の意見を通すためなら大統領も総理大臣も嘘も隠蔽も何でもあり」な世界とはぜんぜん違います。クルト・ワイルも似たような事をしていますし、ダミアエディト・ピアフみたいなどちらかというとしょう音楽に近いシャンソンですら、今の英米型の大量生産品と違ってクオリティが段違いに高いです。バルバラやジュリエット・グレコになると言わずもがな。そんなわけで、歴史的に見て歌のレベルが極端に高かった20世紀初頭のパリでも、プーランク歌曲はその最高峰だったんではないでしょうか。サラッと管弦楽を書いちゃうレベルの人に歌曲を作られてしまうんじゃ、他の作曲家はたまったものじゃないですね(^^;)。テンポもデュナーミクも、今のクリックのような固定テンポの大衆音楽とは段違い、和声も比較にならないほどバリエーション豊かです。もしふたつの大戦がアメリカではなくフランス大勝利だったとしたら、少なくとも歌音楽だけは今の何十倍も良いものになったんでしょうね。

 今の日本だと、自分で探さないと聴く事の出来ない種類の歌です。でも、一度聴きさえすれば、ジャズが好きな人もロックが好きな人もきっとみんな「スバラシイ!今までワタシが聴いてた歌ってなんだったんだ」って思うんじゃないかなあ、なんせ僕がそうでしたし(^^)。今の歌謡音楽と同じぐらい聴きやすく、それでいて創造力や作曲技術が段違いに高い歌曲です。超おススメ!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS