FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ラテン   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Mercedes Sosa / Mujeres Argentinas』

MercedesSosa_MujeresArgentinas.jpg クリスティーナとウーゴを聴いて、あか抜けなく単純でネイティブなフォーク音楽と思っていたアルゼンチン・フォルクローレが意外にも高度で洗練されている事を知った僕は、中南米音楽のガイド本を本屋で立ち読みして、有名なアルゼンチン系のフォルクローレ歌手の名前と代表アルバムを片っ端から記憶して帰りました。なにせまだ高校生、小遣いには限度があったのでね(^^;)。そこで知ったのが、1960年代にデビューしたメルセデス・ソーサでした。これは1969年発表(日本のWikipediaには73年と書いてありますがこれは間違い)の、アルゼンチン・フォルクローレの大名盤中の大名盤。フォルクローレといえば「コンドルは飛んでいく」みたいな音楽だと思っていた僕のイメージが大きく覆され、こんなに素晴らしい音楽だったのかと思わされたレコードでした!

 フォルクローレって聴くと、「コンドルは飛んでいく」とか、ユパンキのギターみたいなのを想像するじゃないですか。若い時の僕がそうだったんですが、メルセデス・ソーサあたりになると「コンドルは…」みたいなプリミティブさは微塵もなくて、かなりモダンです。1次大戦前後から2次大戦後まで続いてるイタリアやフランスのフォークな歌曲の系譜ってあるじゃないですか。雰囲気としては、ああいう感じ。思いのほか思いっきり機能和声音楽で、哀愁があって、アレンジはバッチリで、けっこう高度な和声も使ってたりして。だいたい、こんなにピアノやモダン楽器を使った音楽だとすら思てませんでしたし。ものによってはタンゴに近いぐらいの哀愁を感じる曲もあって、リズム以外はなるほど同じ土地の音楽なんだな、みたいな事も感じました。

 これも勝手な思い込みで、メルセデス・ソーサという人は、日本の民謡みたいに音楽はシンプルで歌や声がすごい人なのかと思っていたんですが、自際には真逆。音楽が素晴らしくて、歌はうまいとかすごいという感じじゃなくてハートで勝負する感じ。60年代にしてこのモダンさ、アルゼンチンのフォルクローレをまだ知らない方はまずはここから。必聴です!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

03 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS