FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『John Coltrane / Olé』

John Coltrane Ole 1961年録音、ジョン・コルトレーンのアトランティック最終作は、エリック・ドルフィーを含むセクステットです!3管編成で、トランペットにフレディ・ハバード、曲によってはベースがふたり(!)のセプテットになっていて、これは完全にImpulse移籍第1作『Africa Brass』とかぶったメンツ(^^)。そうそう、ドルフィーは、ここでは名前を変えてクレジットされてますが、きっとマッセイホールのチャーリー・パーカーみたいに、他のレーベルとの契約の問題があったんでしょうね(^^;)。というわけで、コルトレーンとドルフィーの共演盤という事で飛びついた1枚でしたが、実はどんなレコードだったか全然覚えてない(^^;)。というわけで、久々に聴いてみよう!

 テーマでホーンアレンジをしているわけではないので、あんまり3管という感じはしませんでした。そして、タイトル曲「オレ」は、思いっきりフラメンコ調、フリジアンです。でも、ワンスケールで全然コード・プログレッションしないからつまらない(^^;)。まったくコード進行しない曲を18分続けて演奏されてもな…。順番にソロを回すだけでなく、大楽節でもなんでも作って曲として面白くすれば良かったのに。ミの旋法はそれ自体が強烈なキャラクターを持っているので、ただ使っちゃうと「ああ、フラメンコみたいなのやりたかったのね」で終わっちゃうところがあって、それを乗り越えて個性や独自性を表現するのが難しいのかも知れません。マイルスもギル・エヴァンスもミンガスも同じ失敗をしてますし(^^;)。また、演奏がただスケール・プレイしているだけみたいに平坦で、盛り上がりませんでした。
 次の「ダホメイ・ダンス」も、月並みなコード進行の上で順番いアドリブを披露するというもので、個人技を堪能する分には楽しいけど、音楽としては並以下かな…。
 唯一面白かったのは、テーマで3拍子とフォービートが交錯するバラード「アイシャ」。マッコイ・タイナー作のモード曲なんですが、フレディ・ハバードのソロもいいし、良かったです。でも、この1曲だけにお金を出すのも何となくもったいない気が(^^;)。

 せっかくドルフィーとの初共演盤だというのに、やっつけ仕事っぽくて残念でした。マイルスのマラソン・セッションの4枚みたいに、プレスティッジとの契約を消化するためだけに終わらせただけみたい。だって、このレコードの前は『ジャイアント・ステップス』でコルトレーン・チェンジを披露、『マイ・フェイバリット・シングス』ではモード、『プレイズ・ザ・ブルース』では独特のブルース解釈。次の『アフリカ・ブラス』では管楽器アンサンブルを聴かせるのに、このレコードは…。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS