FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『サーカス / Cool Love』

Circus_Cool Love アルファに次いでワーナーもすぐにやめてしまったサーカス。売れなかったのかな、いい音楽だと思うんだけどな…。これは83年にVapからリリースされたアルバムです。それでも、レコード会社を移りつつ解散せずにずっと活動が続くんだから、コアなファンを獲得したグループだったんでしょうね。そして、根強いファンがいるのも当然という見事なコーラスと思いました!

 1曲目「Back to Back」がストリングス入りのクロスオーヴァーなバラード。曲も良ければアレンジも見事、コーラスもめちゃくちゃ奇麗で、「おお!!これがサーカスが行き着くべき最終形なんじゃないか?!」と感激!しびれました。同じことが「Morning Lady」にも言えて、洒落た都会的なアダルトな音楽という感じ。
 ところが、2曲目は演歌歌謡チック、3曲目はカラオケスナックで上司と部下の不倫カップルが酔っぱらって歌う男女デュエット曲みたい…ああ~悪い意味で下世話な昭和っぽい(^^;)。
 分かった事がひとつ。4声コーラス曲ではなくて、誰かがリードヴォーカルを取って他がバックコーラスの曲がそれなりにあって、こうなった場合はメイン・ヴォーカルをとっていいレベルに来ている人がひとりしかいないという事。バンドの人間関係をうまくやるために公平にそうしてるのかも知れませんが、音楽って実力の世界だから、力がない人にメインを取らせるのは音楽にとってはマイナスと感じました。こと音楽に関しては強すぎるぐらいのリーダーがいた方がうまく行ったりするんですよね。

 というわけで、僕にとっては曲による当たり外れが多いアルバムでした。当たり曲は「アメリカン・フィーリング」をヒットさせていた頃より数段レベルが上のことをやっていてすごい!!でも外すと痛い、みたいな(^^;)。今でも日本最高峰のコーラス・グループだと思っています。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS