FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『George Benson / New Boss Guitar of George Benson』

George Benson_New Boss Guitar of George Benson ジャズギターにどっぷりハマった頃があるんですが、なかなか手を出せなかったのがジョージ・ベンソンです。アルバムジャケットを見ると、ムードミュージック系のフュージョンかディスコのような地雷臭しかしなくて。。聴いたことがあった曲もAORなヴォーカルものポップスだったし(^^;)。いま考えれば、それだってそういうものとして聴けば悪くなかったんだろうけど、「ジャズギター」として聴くとなると、やっぱり話は別でした。でも、ある有名な日本人ジャズ・ギタリストが、「ジャズ・ギターで驚異的にうまいのはジョージ・ベンソン」なんていっていて、じゃあジャズやってた頃は凄かったのかな…と、気になっていました。そんな時に、バンドで一緒になったギタリストさんがジョージ・ベンソンのアルバムを持っていて、「聴いてみる?」と貸してくれたのがこのアルバムでした。

 普通…。デュナーミク面でも音色面でも表現なんてなく、本当にコードにスケールあてて演奏してるだけなんじゃないの?みたいな。12小節ブルースまわしてアドリブしてるだけの曲とかもあるし。
 クラブ系のジャズってあるじゃないですか。ジミー・スミスのそっち系のレコードとか、ブッカーTとか、デビュー時のパット・マルティーノとか、デビュー前のジミヘンとか。モダンジャズというより、ああいうクラブ系のインスト音楽に近かったです。クラブで、みんなが踊っている所で、10分でも20分でもずーっと演奏しているハコバンの演奏、みたいな。なるほど、こういう感じだから、ジャズに進まずポップスに走ったのかと納得。あ、でも、クラブジャズとして聴けばけっこう面白いし、「I don't know 」あたりののソロはカッコよかったです。

 というわけで、けっきょく僕は本気でジャズ・ギターを演奏したジョージ・ベンソンのアルバムに出会えないまま、いまに至ったのでした。そういうアルバムもあるかも知れないけど、それを探す労力に比べて見つかる可能性の方が少なそうだから、潔くあきらめた方が良いのかも(^^;)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
 
数日覗かないうちに、1ページ進んでいましたが、ジョージ・ベンソンと聞いて、やはりコメント入れておかないとと。私のブログタイトルも、ジョージ・ベンソンからですから。
ジョージ・ベンソンのジャズギター時代は好きでした。(このアルバムは余り記憶にありませんが。)好きな理由は、ジャズギターの保守本流っぽくなかったからかも知れないなと、Bach Bachさんの記事を読んで思いました。

ギターを弾く自分として、オーソドックスジャズギターはどうしても好きになれない部分が芯にあるのですね(聞くのではなく演奏という面で、別の機会に書きますが)。
そういう意味で、ジョーパスのようなギターはいいと思うけど心底好きにはなれない。
ジョージ・ベンソンのジャズギター時代を好きな人は結構知っていますが、そんな感じだったのかなと思いました。
ジャズ時代のジョージ・ベンソンを知らないまま今に至る 
AKISSH さん、書き込みありがとうございます。

僕はジョージ・ベンソンをあまり聴いていないのでよく分かりませんが、本職のジャズ・ギタリストが「ジョージ・ベンソンはすごい」というほどの人である事を考えると、このアルバムはジョージ・ベンソンがギタリストとして本領を発揮したものではないと思います。恐らく本人やレーベルも分かったうえでモダン・ジャズとして評価されるような事はやっていなくて、クラブ・ジャズを狙ったのだと思います。

けっきょく僕はこのアルバムと、『Breezin'』(「Affirmation」のギターソロ最高!)あたりのクロスオーヴァー/フュージョン期をチョロっと聴いただけで、ジャズ時代のジョージ・ベンソンというものを知らないまま現在に至るのです(^^;)>。

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS