FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『新実徳英:創造神の眼 新実徳英管弦楽作品集』

NiimiTokuhide_SouzousinNoMe.jpg 日本の戦後の現代音楽作曲家・新実徳英さんの管弦楽作品集です。新実さんは、少なくとも管弦楽曲に関してはヘテロフォニーが特徴のひとつになってる作曲家です。ヘテロフォニーというと西村朗さんもそうでした。三善晃さんや黛敏郎さんや武満徹さんの世代の後の日本人作曲家では、僕は新実さん、細川俊夫さん、その後だと原田敬子さんあたりが好きです。このへんの人たちは、妙にニッチな所でチマチマやってないで、音楽の核心部分に正面からぶつかってるようでカッコいいです!

1. 創造神の眼 ピアノ協奏曲Ⅱ (1993)
2. ヘテロリズミクス オーケストラのために (1991)
3. アンラサージュ1 混声合唱とオーケストラのために (1977)

 「創造神の眼」は、タイトルはちょっと痛いものの(^^;)、構造が素晴らしかった!地球の初期状態だったガス星、そこから星や人類が生まれて、色々と歴史が刻まれて、未来に混沌があって…というイメージを音化したそうです。そういう展開が念頭にあったからか、時間軸上でのドラマ展開が明確でした。一方の縦軸の構造は中々に多層的。簡単に言うと、いくつかのモチーフの反復とそのホモフォニーまたはヘテロフォニー的な展開が各楽章(といっても切れないで進むので、楽章分けしてあるかどうかは分かりませんが、明らかに変わる部分があります)の構造原理で、それが音楽の進行に合わせて何度か展開します。展開としては、リゲティ的なホモフォニーというかヘテロフォニーというか、そういう感じの重なり方で音がたゆたうリゲティ的な楽章と、はげしく展開していくヴァリエーション部分を組み合わせて出来ていました。すごくザックリいえば、ですけど(^^)。この構造化が実にたくみで、しかも統一感があって分かりやすかったです。
 僕が新実さんを好きなのは、大楽節と小楽節とか、多層的な瞬間的な構造とかが実に整序されている所なのかも。23分ほどの曲なのですが、聞き惚れてしまって、構造を捉まえられるまで何度も繰り返し聴いてしまいました(^^)。これはいい!

 「ヘテロリズミクス」。始まり方が「創造神の眼」に似ていたもんで、最初は同曲の展開部かと思った(^^;)。これは尺八本曲から取った旋律主題がずれていって…みたいな、まさにヘテロフォニーな曲。でもそれがすべてではなくて、そういう部分があって、大構造を作る大きなトゥッティみたいな所があって、またそういうヘテロフォニーな所があって、明確なクライマックスがあって、そのクライマックスが何度か押し寄せてくる感じで…つまり、構造や音楽の形成システムは「創造神の眼」と似ているかな?これもカッコよかった…けど、長いかな?

 「アンラサージュ1」、新実さんの管弦楽曲では、僕はこれがいちばん好きです!新実さんの出世作で、混声合唱と管弦のための曲。始まった瞬間のサウンドからしてカッコよすぎる!3分半ぐらいで出てくる合唱がヤバ美しい!これも同質の音型がずれていくヘテロフォニー的な構造が随所に出てきますが、それよりもしっかりした全体構造の骨格のすばらしさ、見事な重なりの和音の美しさの方に耳がいきました。やっぱり作曲は技法にとらわれ過ぎないで、かといって技法をないがしろにしないで、挑戦的な所と、確実に感性に訴える自由作曲を組み合わせるのがいいのかなあ。この曲は奏法を満たしてるようで、実に見事と感じました。77年作曲という事は、30歳でこの曲を書いたのか、すごいわ。。

 ザックリいうと、響きは西村朗先生やリゲティに似てる感じ、でも彼らよりも構造がしっかりしている所が好きです。新実さんは、ヘテロフォニーの作曲家なんて言われていますが、それにしてはあんまり偶然性に頼っていないというか、音響派的な所に逃げていないというか、そういう構成要素やサウンドを捉まえつつも、構造が実にしっかりしているしクライマックスが明確なので、良いと感じやすいのかも。戦後生まれの日本人作曲家さんの中では、やっぱり特に好きな人のひとりだなあ(^^)。ところで、こういうヘテロフォニーな曲の楽譜ってどうやって書くんだろう。アイヴズの楽譜みたいに、パートごとに小節線が一致しない感じで書くのかな?指揮者は大変そうだな、スコアを見てみたいです。ああ、音大に行ってる時にジャズやってないで、もっとしっかり学んでおけばよかったです。ジャズやポップスなら卒業後にいくらでも出来たんだから…。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS