FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『新実徳英:風を聴く』

NiimiTokuhide_KazewoKiku.jpg 団塊世代の現代音楽作曲家・新実徳英さんの室内楽作品集です。僕が一番好きな新実さんのCDはこれです。何が良いって、独奏チェロのための「横豎」という曲が入ってるんですが、これがカッコよすぎる。。
 収録曲は以下の通りでした。

・風音 (クラリネット、ヴァイオリン、チェロ)
・横豎 (チェロ独奏)
・風韻II (3本の尺八)
・青の島 (2台の二十弦箏)
・風を聴く (邦楽器の大アンサンブル)

 前半が西洋楽器の室内楽曲。
 僕が好きなチェロ独奏曲「横豎」は、調もまったく違うふたつのモチーフが交互に押し寄せてきて、クライマックスへと達するというもの。言ってみれば、バリ島のガムランの西洋化みたいな感じでしょうか。曲もいいんですが、安田謙一郎さんというチェリストの演奏が、表現力も他界しガシガシ来てカッコよかった!僕的には、この曲を聴く為のCDだと言っても過言ではありません(^^)。
 「風音」はトリオですが、タイトル通り音が座是のように漂ってふわふわしてる、みたいな感じで、あんまり面白くなかった(^^;)。現代音楽の日本人作曲家が書いたものって、こういう茫洋とした作品が少なからずありますが、こういうのはあまり面白く感じないなあ。。

 後半は邦楽器を使った曲3つ。
 3本の尺八のための「風韻II」と、邦楽器の大アンサンブルのための「風を聴く」の2曲もやっぱり茫洋とした曲で、現代曲版の音響派みたいでちょっと面白くなかった。。ヘテロフォニーというのは、それだけで使っても作品としては面白くならないのかも知れないと思ってしまいました(^^;)。
 2台の二十弦箏のための「青の島」は、東南アジアっぽい旋法を使った音楽でした。これもヘテロフォニーが活用されていましたが、ミニマルじゃないんですが、同じフレーズをずらしながら重ねて波のように押したり引いたり…みたいな。でもこの曲は最後にひと山ありまして、ヘテロフォニーな4曲の中では一番面白かったです。でも、取り立てて言うほどのものでもないかな?

 というわけで、実は僕の大好きな「横豎」は、新実徳英さんの室内楽の中ではちょっと例外的な曲なのかも。この曲とヘテロフォニーな曲の真ん中ぐらいの作品があれば、聴いてみたいと思いました(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

04 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS