心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『桑田佳祐 / Keisuke Kuwata』

KuwataKeisuke.jpg サザン・オールスターズのリーダー・桑田佳祐の最初のソロ・アルバムだったと思います。このアルバムに入っている「いつか何処かで」という曲、もうこれが入っているというだけで手放せないアルバムです。

 若い頃の僕というのは、どちらかというと肩ひじ張って生きていたような気がします。だから、テニスサークルとか合コンとかトレンディードラマとか、そういうのは嫌いでした。若い頃の思い出というと、バイトで懸命に皿を洗ったり、それで稼いだお金で買った楽器の練習を一生懸命したり…みたいな感じ。でも、本当は彼女も欲しかったし、強面で通ってたけど、本当はシャイで、好きになった人には声すらかける事が出来ないで…。ちょっとだけ不良気味だったので、付き合う人というのは、年上の人だったり、不良気味の女だったりという感じだったんですが、本当に心動かされた人は、テニスサークルに所属している子だったんです。でも、そういうタイプの子に声をかけるというのがカッコ悪い気がして、ひとりでバイクに乗って海に行ったりして、辿りついた海では、結局仲良さそうなカップルを眺める羽目にあってる…みたいな。こういうちょっと屈折した感情って、嫌な思いになりそうなものなんですけど、10年も20年も過ぎた今から振り返ると…懐かしいんですよ。ちょっと胸がキュってなる感じ。涙が出てきちゃいます。そして、そういう懐かしさと切なさが混じったような感情が、桑田さんの「いつか何処かで」を聴くと思いだしてしまうのです。

今でも会いたい気持ちでいっぱい…
そんなみじめな恋などしたくない

その名前はもう声に出せない…

 その好きな子とは、たまたま通学の時に一緒になった事があります。電車で、学校に行く駅で降りて、急に声をかけられたんです。もう、何の屈託もない笑顔で。僕は顔も見れない、声すらかけられないというのに…。で、駅から学校までは結構遠かったんですが、その間に二人で話をして歩きました。カッコつけてる僕は皮肉めいた冗談を言って見たり、笑う時もニヤニヤ笑うみたいな感じなのに、彼女はもう開けっぴろげで、本当に無邪気に笑うんです。でも、その子と再会する事は、一生ないんでしょうね。会っても、向こうは覚えてすらいないと思います。

…ちょっと音楽と違う話になっちゃいましたけど、桑田さんの「いつか何処かで」を聴くと、僕みたいな「裏側」の価値観ではなくって、この話に出てくる女の子が持っているような「表側」の価値観の上にあるような世界だと感じてしまいます。恋をして胸がキュっとするなんて、僕としては唾棄したい価値観なんですが、しかしそれは現実として存在してしまう、という。そういうちょっと切ない懐かしさがこみあげてきて、涙が出ちゃいます。それぐらい、いい曲だと思います。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

10 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS