心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > 日本のロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『ARB / Ballads & Work Songs』

ARB_BalladsWOrkSOngs.jpg 今は俳優になった(?)石橋凌さんがヴォーカルをしてたロックバンドのアルバムです。ベスト盤にライブ5曲という構成です。

 僕はこのバンドのファンというわけではないんですが、友人に大ファンがいました。ライブ会場に行くと、親衛隊みたいな人たちがいて「お前ら、会場を出ないで最後まで音楽を真剣に聞けよ」みたいに出口を封鎖されたりしたんだそうで。で、またそういう事を、友人が誇りのように語っていたのを覚えています。僕的には、そういうのって、情熱の勘違いのアホとしか思えないんですが(^^;)、まあそれぐらいに熱心なファンがつくような魅力がどこかにあったバンドなんだと思います。でも、その友人に伴奏を頼まれて、レコードを何枚も聞かされたんですが…なんか、ロックバンドじゃないんですよ。シンセの打ち込みとか、けっこうDTMみたいな音楽が多い。ミックスもディレイとかいろいろ使いまくって、ぜんぜん生演奏っぽくないんですよ。これは全然ロックじゃないだろうと思ったものですが…しかしこのアルバムに入っている、冒頭のライブ2曲が素晴らしい!
 冒頭の2曲、どちらもバラードなんですが、1曲目は松田優作さんが監督主演して、ARBの石橋凌さんが準主役みたいな役を演じた「ア・ホーマンス」という映画の主題歌("AFTER '45"という曲です)。これ、スタジオ録音だと例によって変なアレンジで聴けたものじゃないんですが、このレコードに入っているライブでは、ピアノの野島健太郎さんがゲストで演奏していて、思いっきり生演奏の良さが出たパフォーマンスになっています。これぞ音楽、もう泣けてしまう。。2曲目"DREAMING BABY"も同じような構成で、今度はそれに思いっきり泣きのブルースハープが演奏されます。

 他に入っているスタジオ録音のものでは、アルバムタイトルにもなっている「ワークソング」的な詩の内容のものが良かったです。「こんなはずじゃなかったぜ、人生なんて」というような労働者の歌、「飲まずにいられない」という歌などなど。音楽はつまらないんですが、詞が商業音楽の当たり障りのないものじゃなくって、労働者階級の人の葛藤や真剣な思いみたいなものが言葉になっているという感じ。なんか、歌詞のための歌詞じゃなくって、本当の主張、みたいな感じに思えました。

マネキンみたいな遠い目をして お前は今日も待ちくたびれている…
都会の仕組みに慣れたころから いつかの夢も色あせていく…

 いやあ、胸に刺さる詞です。。ブルース・スプリングスティーンの歌詞みたいな感じでしょうか。

 きっといいバンドだったんでしょうね。変なスタジオワークに走らないで、バンドの生演奏をストレートにぶつけて来たら、僕はもう少し好きになれていたかも。とにかく、冒頭のライブ2曲を聴けるだけでも必聴です!


関連記事
スポンサーサイト

Comments

09 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
スゴイのが出る!King Crimsonの1970-1972年の間のスタジオとライブ音源!21CD+4BD+2DVD!リハーサルテイクとか、メッチャ聴いてみたい!2万円か、また貯金しないと。。 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
アド
これまでの訪問者数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS