FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Stephen Stills』

Stephen Stills 1970年、スティーヴン・スティルスがクロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤングでの活動と並行して発表した自己名義のアルバムです。アルバム名から推測すると、初のソロアルバムなのかな?このアルバム、ジミ・ヘンドリックスが参加した事でも有名です。

 へえ~、クロスビー・スティルス・ナッシュのコーラスがすごくきれいだったから美声の持ち主かと思っていたんですが、けっこうだみ声なんですね。音楽も、CSN から想像できるようなフォークやフォークロックよりも、スワンプ・ロックに近いと感じました。なんでそう感じるんだろう、アコースティック・ギターは入っているけどバンド・サウンドの中の一要素ぐらいの感じだし、ロック・バンドの演奏がけっこういなたいからかな?それともコーラスが南部くさいからかな?どっちもですね、きっと。というわけで、雪が積もってるジャケットの雰囲気だけで言えば美声の男性が愛を囁いてそうですが、実際にはハスキーな男がけっこう暑苦しい音楽をやってました(^^)。

 メロコード譜だけ作って、ギターはコード押さえてジャカジャカやって、あとはミュージシャンを集めてセッションしたロックのアルバムで、僕はいい音楽に出会ったことがない気がしますが、これはそういうアルバムでした。ジャズも同じですが、アレンジって大事なんだなとあらためて痛感した1枚でした(^^;)。おかしいなあ、名盤と言われてる一枚なのに。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
ダメでしたか・・・ 
こんばんは。
このジャケットはジミ・ヘンドリックスが亡くなった4日後に撮影されたもの。だから不思議なジャケですが、彼自身は相当落ち込んでいた中での撮影だったと思われます。
この当時はクラプトンも含めて皆スワンプミュージックに憧れていたので、おのずとそういう音楽になっているのかと思います。
アルバム全体的には渋い楽曲が多いので、素朴で美しいフォークを想像すると、痛い目に逢うアルバムですね(笑)。
Re: ダメでしたか・・・ 
240さま、書き込みありがとうございます。

そうですね、このアルバムを一口で言えばスワンプ・ロックですよね。
僕にはスワンプ・ロックがバンド・アレンジすらしていない手を抜いただけのジャム・セッションに聴こえてしまって、いまだに良さが理解できないでいます。そういう作りのもので良いと思ったのは、デレク&ザ・ドミノズとオールマンブラザーズ・バンドぐらいでしょうか。基本的には、やっぱりCSN&Yやバッファロー・スプリングフィールドぐらいに見事に考え抜かれた音楽の方が見事と感じます。

良いことが書けないですみません。でも自分のブログぐらいは配慮はしますが忖度はなしで書きたいもので、どうかご容赦ください。

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS