fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

『Thelonious Monk / Brilliant Corners』

Thelonious Monk Brilliant Corners セロニアス・モンク、1956年のクインテットによる録音で、名盤ガイドだとこれをモンクの代表作に挙げる評論家もいるアルバム。56年というとジョン・コルトレーンがモンク・カルテットに参加する1年前で、ここでのフロントは…おお~ソニー・ロリンズだ!他のメンバーは、アーニー・ヘンリー(as)、オスカー・ペティフォード(b)、マックス・ローチ(dr)。アルトサックスに変わってクラーク・テリー(tp)、ベースがポール・チェンバースに変わる曲もあります。面白いところでは、モンクがピアノと一緒にチェレスタを弾いてる曲もありました。

 おなじみのモンク・ナンバーばかりでプログラムを組まず、新曲を入れてるところは、以降のモンクのアルバムにはなかなかない良さでした。ロリンズはたっぷりめの演奏で貫禄ありました。イケイケの時の吹きまくりなプレイはしてませんが、50年代真ん中からこのあたりまでは、イーストコースト・ジャズのテナーサックスの主役はロリンズと感じます。コルトレーンはデビューしてたけど大爆発は翌57年からですもんね。

 モンクって、たしかに古いジャズをモダンジャズに発展させた立役者のひとりだとは思いますが、60年代以降は完全にショービジネスの人で、ナイトクラブでいつも同じ音楽を聴かせてお金貰ってた人に聴こえてしまいます。曲はずっとコーラス形式で、和声もずっと典型的な機能和声ですし。だから、僕が好きなモンクはこのへんから59年あたりまで。まだ58年あたりの凄さは感じませんが、全盛期のの片りんが出てきたかな、みたいな。

関連記事
スポンサーサイト




Comments
 
60年代になっていつも同じ音楽をやっていることについてインタビューで聞かれたときは、「聴衆に理解してもらおうと思ったら何度も繰り返し聞かせて理解させなきゃならんのだ」みたいなことを言っていましたね。

アバンギャルドについて尋ねられたときは「おれはどんな白痴にでもわかる音楽をやっている」(彼らの音楽はそうじゃない)

ボブディランとたまたまあったときには「あらゆる人間がフォークソングを歌っているんだ」とも言っていたそうです。

モンクにとって作曲や和声を追求することも重要なことだったでしょうが、
彼が何よりも大事にしていたのは自分の曲、もっと言えば歌を多くの人に聞いてほしいということだったのだと思います。
Re: タイトルなし 
Monk's Dream さん、書き込みありがとうございます。

「あらゆる人間がフォークソングを歌っているんだ」は、いい言葉ですね。

「歌を多くの人に聞いてほしい」がいい音楽に繋がればいいですが、なかなかそうならないのは、エンターテイメント畑で音楽を選択しなければならない合衆国のミュージシャンに求められるバランス感覚なのかも知れませんね。

02 2024 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

月別アーカイブ
検索フォーム
これまでの訪問者数
最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS