FC2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Thelonious Monk Quartet / Misterioso』

Thelonious Monk Quartet Misterioso ジョン・コルトレーンが抜け、ジョニー・グリフィンがフロントに立ったセロニアス・モンク・カルテット、1958年8月7日のファイブ・スポットでのライブ録音も含むレコードです!キリコの絵を使ったジャケットもいいですよね!ジャケットのためにも CDじゃなくLPで持っていたい1枚じゃないかと。

 「Nutty」も「Blues Five Spot」も「Let's Cool One」も、モンクのピアノがテーマの時点ですでにぐにゃぐにゃサイケデリック。曲が楽し気なので「ビックリさせてやれ」みたいな意識を感じないだけに、よけい危ないです(^^;)。モンクのピアノ演奏だけでいうなら、「Just a Gigolo」の独特のタイム感やタッチも最高。う~ん聴いていて病みつきになってしまう、モンク最高!

 そしてジョニー・グリフィンのソロがモンクに引きずられたようにアクセントもリズムもルーズで、それでいて吹きまくりでした。ジョニー・グリフィンって、大名盤『Little Giant』ではもっとアクセントが強く、そしてタイトに吹いていた印象ああるんですが、こんなルーズだったっけ?というほど。僕はアクセントが強くタイトな演奏の方が切れを感じて好きなんですが、こういう酔っぱらったような演奏もリラックスできるというか、いいもんですね。

 ピアノは良い意味でよじれるわ不思議なサウンドを放り込んでくるわですごい刺激的、グリフィンのサックスも吹きまくり。でも曲想もライブのムードも和やかで終始リラックス。モンクのレコードは過去に作った自作曲の演奏が多く、アレンジもそれほどいじらないので、レコードの面白さはアドリブを含めた演奏の出来を楽しむものだと思うのですが、ソニー・ロリンズ参加の56年『Brilliant Corners』あたりから徐々に上げていって、このジョニー・グリフィン時代でモンク自体のピアノが黄金期に入ったように感じます。でも、ジョニー・グリフィン傘下のライブ盤では、リラックスしたムードの本盤よりもう少しガチな演奏を集めたものがありまして…その話はまた次回!

関連記事
スポンサーサイト




Comments

05 2021 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです。音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度ですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
intoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!!
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS