fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ジャズ   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Tee & Company / Sonnet』

Tee and Company_Sonnet 1970年代にスタートした日本のレーベルにスリー・ブラインド・マイスというジャズレーベルがありました。サングラスをかけたネズミがレーベルロゴになっていて、そのロゴデザインが好きでした。レーベルを作ったのは藤井武さんという方で、あだ名が「ティー」だったんだそうな。このティーさんが、自分の好きなジャズ・ミュージシャンを集めて作ったのが「ティー&カンパニー」というエイテットで、森剣治、植松孝夫(reed)、今田勝(p, ep)、高柳昌行(g)、金井英人、井野信義(b)、村上寛(ds)、今村祐司(perc) というメンバー。ティー&カンパニーは3枚のアルバムを残してますが、これはその中の1枚です。僕はこの3枚をコンプリートした2枚組CDを持っているのですが、どうやらこれは今となっては超貴重盤みたいです。英語ライナーがついているので、海外向けだったのかな?

 ティー&カンパニーというバンドは、スリー・ブラインド・マイスからリーダー作を発表したミュージシャンのスペシャル・バンドといった感じで、高柳昌行さんに狂ったことがある僕は、高柳バンドのメンバーだった高柳さん、森剣治さん、井野さんの参加を見てこのアルバムに手を出しました。でも、高柳グループの音楽とは似てもに使わない音楽だったという(^^;)。
 このアルバムは2曲入りで、1曲目の「Sonnet」(作曲は金井英人さん)を聴いた最初の印象は、キース・ティペット・アークやソフト・マシーンあたりのジャズ・ロックと、エレクトリック・マイルスの中間ぐらいの印象でした。トゥッティが決まっていて、でもビバップやハードバップみたいなツーファイブなジャズ訛りは少なくて、プレイは2割ぐらいフリーが入っていて、支離滅裂なカオスになったかと思ったら、スコア・パートに突入して大団円…ね、フュージョン寄りのジャズ・ロックっぽいでしょ?この傾向は、2曲目「Combo ‘77」(作曲は金井さんに楽曲提供していた作曲家の水野修孝さん)も同じ。ジャズ期のソフトマシーンが大好きな僕は、こういう音楽はけっこう好きでした(^^)。

 このバンドはアルバムを3枚作りましたが、リーダーを定めていないようで、音楽の方向が漠然としているんですよね。で、誰が作曲をするかで、バンドの方向性がいろいろと動きます。個人的には、ティー&カンパニーの3作の中では、このアルバムが一番ティー&カンパニーらしいアルバムなのかなと思ってます。いま聴くと色々と荒い演奏ですが、けっこう好きです(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS