『The Beatles / A Hard Day's Night』

Beatles_HardDaysNight.jpg 中学生の頃、音楽好きの友人に洋楽のロック/ポップスを勧められ、深入りしていったのがディープな音楽生活の始まりでした。その最初の頃、聴いていないなんてモグリだと自分で勝手に思い込んでいたのがビートルズ。というわけで、ビートルズというものを、とにかく聞いてみたのでした。しかし…編集盤やら、アメリカ盤やらイギリス盤やら、やたら色々あって、どれを聴いていいのか全然分かりませんでした(T_T)。で、近所のレコード屋のおじさんに尋ねた所、どうやらオリジナル盤というのがあるらしくて、それを買えばダブらなくて済むとの事。この「ハードデイズ・ナイト」は、そのオリジナル盤の中で、タイトル曲を知っていたので買った一枚です。

 ついさっきまで小学生だった僕が、ビートルズを聴いてまず最初にビックリしたのは、知っている曲だらけだったという事。洋楽なんて聞いたことが無いわけですから、誰がどの歌なんていうのは全然知らなかったのですが、そんな子供ですら片っ端から耳にしている。CMに使われていたり、児童館の時報のメロディだったり。いやあ、ビートルズって、ここまで世間に浸透していたんですね。このアルバムもそうで、聴いた事のある曲が4曲も5曲も入ってました。耳に心地よい良い曲揃いという感じです。

 そうそう、ビートルズって、僕は3期に分けて捉えてます。最初は「プリーズ・プリーズ・ミー」みたいな、ギターがチャカチャカいっている古臭い時期。マージ―ビートなんて言葉がありますが、ビートルズの初期は、まさにそんなイメージ。次がロックバンドっぽくまとまってきた時期で、ディストーションのかかったリードギターなんかが入って、バンドとしてカッコいい時期。最後が、オーケストラが入ったり色んなレコーディング技術が入ったりで、バンドというよりもポピュラーのレコーディング作品を作っている感じの時期。で、この「ハード・デイズ・ナイト」は、僕の中では初期の代表作。聴いていて、ポピュラーで気持ちいいのです(^^)。

久しぶりに聴いていたら、やっぱりよいアルバムです。こういうサウンドって、本当に60年代の一瞬だけだったんじゃないかなあ。。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
神戸住まい、奥さんとネコと暮らす音楽好きです(ノ^-^)ノ
音大は卒業したのですが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたCDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。
プロでも評論家でもありませんので、たいした事は書けないかも知れませんが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば、大変嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
リンク
最近気になってるCDとか本とか映画とか
 今月号のintoxicateに載っていた1枚。「Vyacheslav Artyomov」、ロシアの作曲家は名前が読めなくってムズカシイ。。「ヴャチェスラーフ・アルチョーモフ」と読むらしいです。伝説の「フレンニコフの7人」のひとりとの事ですが、それって何かすら僕は知らず(^^;)。作風的には初期は新古典的、後に民族的な様式、十二音技法や、複調性、ミニマルなんかも用いたみたい。ロシアの前衛は強烈なものが多いので、聴いてみたいです。アマゾンで買おうと思ったらダウンロード版しかなかった(;_;)。 少し前に取りあげたエリザベス・コットンですが、ライブ盤なんてあるのか?!これは聴きたい… オスマン時代から現代までのトルコ音楽のガイド本みたいです。おおお~、これは絶対に読もう!! レコ芸に載っていた近藤譲さんの新譜、室内楽作品集みたい。好きな作曲家なんで聴きたいんですが、持っている2枚のALM盤と4曲かぶってるので悩み中…
これまでの訪問者数
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アド