fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > クラシック   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『シューマン:交響曲全集 サヴァリッシュ指揮、ドレスデン国立管弦楽団』

Schumann_Synphonies_Savarish Doresden シューマンの交響曲4曲をすべて収録したCDです!他に、「劇音楽マンフレッド」と「序曲・スケルツォとフィナーレ」も入ってました。

 音楽以前に、このCDで驚くのは驚異的な音の透明感です。いや~これが1972年録音だなんてとうてい思えません。解説を読むとリマスタリングで良くしたと書いてありますが、リマスタリングでここまで良くなるものなのかと驚いてしまいました。技術の進歩ってすごいなあ。でも低音が極端に薄くて、透明感を出す事ばかりにを追及した分、迫力がないかな?

 シューマンは初期ロマン派に数えられる人ですが、交響曲は古典派に分類されるベートーヴェンよりも古典派っぽかったです。毒がない感じで、ロマン派の中のハイドンみたいな。初期のピアノ作品はもっとロマン派っぽく感じるのに、面白いですね。

 でも僕には、これは毒がなさすぎてちょっとあいませんでした。ただ、交響曲第2番の第3楽章のアダージョは、ひたすら美しくて好き。こういう所からすると、もう少し齢をとったら、疲れる音楽は苦手になって、こういう音楽が好きになるような気もしました。「齢をとったら、若いころあれほどつまらないと思っていたモーツァルトを心地よく感じるようになった」なんていう人もいますしね(^^)。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS