fc2ブログ

心に残った音楽♪

おすすめCDの紹介のほか、本や映画の感想などを (*^ー゜)v

 

Category: CD・レコード > ロック・ポップス   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

『Caravan / If I Could Do It All Over Again, I'd Do It All Over You』

Caravan_If I Could Do It All Over Again カンタベリー・ロックの代表バンドのひとつであるキャラヴァンのセカンド・アルバム、1970年発表です。ファーストアルバムの楽曲と演奏の完成度に感激した僕が、セカンドアルバムに飛びついたのは必然だったと言えましょう。そして微妙に外したところも実に自然な流れでした(^^;)。

 アルバム序盤はやけに牧歌的で退屈なポップスで、「これは外したか」と思ってしまいました。しかし、しかしですよ、途中からブライアン・オーガーみたいなカッコいい英ジャズロックが出てきたり(「As I Feel I Die」」、独特な曲想の民謡みたいな曲が出てきたり(「Hello Hello」)して、徐々に「お、これは」と感じるようになり、繰り返し聞いていると「知的でよく出来たアルバムだなあ」と、いつの間にやら虜になっていました(^^)。
 B面のメドレー曲を聴いて思ったのは、「あ、ガンダムでセイラが自分の素性を告白するシーンで流れていた曲の元ネタはこれか」と思った…だけじゃなくて、ジャズロックな演奏もなかなかでした。というわけで、ブリティッシュ・トラッドとジャズとカンタベリーロック的なクリエイティブな楽曲のバランスが素晴らしかったです。60年代中盤から70年代初頭あたりのロックって、創造性や知性を感じるんですよね。演奏や作曲の技術は後年の方が高かったりもするけど、創造力が段違い、みたいな。

 未来の自分には「3曲目から聴け!」と言い残しておきたいです(^^)。初期ソフトマシーンとジャズ期ソフトマシーンの中間ぐらいの音楽、そういえばマクドナルド&ジャイルズもこういうイギリスのトラッドとジャズが混じったような音楽を作り出してたので、イギリスのネイティブな大衆音楽のモダン化って、意外と演奏技術のあるこのへんのプログレバンドが果たしていたのかも。詩情あふれる曲を作っていたキャラバンを聴けるのはここまで、以降はうまいけど産業音楽なポップロックへと変貌してしまったのでした(^^;)。。というわけで、僕にとってのキャラバンは最初の2枚が抜群に好き…ソフト・マシーンと真逆ですね(^^;)>。

関連記事
スポンサーサイト




Comments

07 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

Bach Bach

Author:Bach Bach
狭いながらも居心地のいい宿で、奥さんとペット数匹と仲良く暮らしている音楽好きです。若いころに音楽を学びましたが、成績はトホホ状態でした(*゚ー゚)

ずっとつきあってきたレコード/CDやビデオの備忘録をつけようと思い、ブログをはじめてみました。趣味で書いている程度のものですが、いい音楽、いい映画、いい本などを探している方の参考にでもなれば嬉しく思います(ノ^-^)ノ

最近気になってるCDとか本とか映画とか
ロシアとウクライナがほぼ戦争状態に入りましたが、僕はソ連解体後のウクライナについて本当に無知…。これは2016年にオリバー・ストーン監督が作ったウクライナのドキュメンタリー映画。日本語字幕版が出たらぜひ観たい このブログをYoutube にアップしようか迷い中。するなら作業効率としては早いほど良いんですよね。。その時にはVOICEROIDに話してもらおうかと思ってるけど、誰の声がいいのか考え中
検索フォーム
これまでの訪問者数
アド
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive

RSS